ワンパンマン 11 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.78
  • (22)
  • (51)
  • (37)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 613
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088806464

作品紹介・あらすじ

災害レベル“竜"のムカデ長老が出現!! 金属バットが応戦するも、その巨大さに大苦戦。吹っ飛ばされた先には“ヒーロー狩り"のガロウが現れ、また新たな戦いが勃発する!! 一方、格闘技大会に出場したサイタマは…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • サイタマだと全部サクッと終わってしまうので、周りに色々盛り上げてもらうしかないわけね。にしてもヒーローネーム酷いな、金属バットて。アイパーバットとかなかったんかい?と思ったけど大差ないな。

  • 怪人協会…面白い展開になってきましたね。しかし、こんな状況で武術大会が普通に行われているのは…。
    繰り返しになるけど絵が上手いなぁー。格好良いし、気持ち悪いし、セクシーだし…で、何書いても同じキャラてことなく、みんな生きてる感じがする。登場数が多いので覚えきれないけど(笑)。

  • アクションシーンいっぱい!
    でも他のキャラクターのばっかりだなーと思ったら、
    そもそもそういう設定だったのでありました(笑)。忘れてた(^^;。
    ヒーロー狩りと怪人協会とスーパーファイトの話が同人進行中。
    ガロウとサイタマの話が絡んでくるのはいつ頃になるのかな〜。

  • ワクワクするな。

  • 金属バット対ガロウ。怪人大襲撃でそんな事してる場合じゃないってのに。
    それはサイタマにもいえることだけど。悠長に武術大会出てる場合じゃあないんだよ。

    金属バットが古き良きヤンキーで微笑ましい。

  • ちょっとちょっと、番外編ばかりで話が全然進まなくなっ

  • 怪人協会の同時多発的攻撃が続く一方で、サイタマ達はスーパーファイトではんなりしている落差が大きい。早く災害レベル竜の現場にサイタマが現れてほしいが、ドラ○ンボールの天下一武道会のような大会でサイタマが怒涛の如く勝っていくさまも見てみたい。にしてもこの巻、サイタマの活躍する出番が少ないな~ 番外編の戦隊ヒーローは、そのあり方にアンチテーゼを示しているような……(笑)

  • 災害レベル“竜"のムカデ長老が出現!!金属バットが応戦するも、その巨大さに大苦戦。吹っ飛ばされた先には“ヒーロー狩り"のガロウが現れ、また新たな戦いが勃発する!!一方、格闘技大会に出場したサイタマは…!?(Amazon紹介より)

  • ムカデ長老と闘う金属バット、彼、好きだわ〜♪ やられても気合いで何度でも立ち上がり強くなっていく、だけど妹にはめっちゃ弱いって良いわ。バングさんが倒した怪人が言ってた事も気になる… ガロウは危ないけど子供には手を上げないんだよね… 怪人側の接触にも突っぱねたし、彼はどうしたいんでしょうか。金属バットがかっこ良い巻でサイタマの格闘技大会が影薄いw 感謝、感謝のお借り本。

  • 金属バットのいい話に、世界各地で怪獣が登場したり大会があったりめまぐるしい。大会なんてやはり「ドラゴンボール」の流れを汲んでいる。

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

村田 雄介(むらた ゆうすけ)
1978年、熊本県生まれ。転勤族の家庭だったため全国を転々としており、一番長く滞在したのは宮城県。
中学生時代、アクションゲーム『ロックマン4 新たなる野望!!』および『ロックマン5 ブルースの罠!?』の企画「ボスキャラ募集」に応募して、ダストマン、クリスタルマンが採用。1995年「パートナー」でホップ☆ステップ賞入選、1998年「さむいはなし」で第51回赤塚賞準入選。
代表作は『アイシールド21』(作画)、『ワンパンマン』(作画)。両者ともにテレビアニメ化されている。

村田雄介の作品

ワンパンマン 11 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする