食戟のソーマ 18 (ジャンプコミックス)

制作 : 附田 祐斗 
  • 集英社
3.84
  • (11)
  • (17)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 269
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088806709

作品紹介・あらすじ

極星寮の存続を賭けた食戟。叡山が審査員を従える圧倒的不利な状況の中、創真は寮で培った全てを皿の上に込める! 遠月第九席・叡山戦、ついに決着! 一方、中枢美食機関による粛清が本格的に動き出し…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すっかり学園闘争みたいな展開になってきましたね(^^;。
    それはそれで面白いし、料理バトルのバリエーションも増えて
    それぞれの勝負の行方や、それによって展開する状況に興味津々です。
    いろいろ伝説的な創真のオヤジ…一体何者!?(^^;

  • 羽根チーズ付き手羽先餃子食べてみたい!

  • あースッキリ。でもまたムカつくキャラ出てきた。
    お父さん同士にそんな因縁あったなんて…

  • 面白かった。餃子食べたくなった。

  • 八百長もなんのその!

  • やはり見所は叡山ぱいせんの顔芸か。

    一色先輩の十傑解任(予想の範囲内)とか、後釜にTHE小物悪役ってのが出てきたり(予想の範囲内)とか、薊おとうちゃんのシャイニング再び(予想外)とか、色々あったけど、最終的には「親娘揃って雪平(父)大好きなのかよーーーーー」っていう、な。


    面白そうな対決が始まるところで終わってるから、次の巻が楽しみ。

  • 取ってつけたようなご都合主義設定の連発に胸焼け。
    ていうか、この巻は政治的な駆け引きばかりで料理シーンはほとんどない。
    私のお気に入りの秘書子ちゃんにそこそこ出番があったのが救い。
    でも話はつまらない。

  • 食戟【VS叡山(第9席)②】、中枢美食機関『残党狩り』編①

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

佐伯 俊(さえき しゅん)は、日本の漫画家。
大学の後輩だった附田祐斗がジャンプ十二傑新人漫画賞で十二傑賞受賞した悔しさから、他誌でデビューを果たす。 附田の机に置かれていた単行本を見た担当編集が佐伯俊の作画に惹かれ、附田を通して担当編集と連絡を取るようになる。2011年、『ジャンプNEXT!』にて読切『キミと私の恋愛相談』を掲載。2012年、『週刊少年ジャンプ』にて『食戟のソーマ』で連載デビュー。

食戟のソーマ 18 (ジャンプコミックス)のその他の作品

佐伯俊の作品

食戟のソーマ 18 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする