鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.21
  • (84)
  • (58)
  • (39)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 811
レビュー : 54
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088807232

作品紹介・あらすじ

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残ったものの、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!! 血風剣戟冒険譚、開幕!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とにかくジャンプっぽすぎて。
    またこの展開ね!と思ってしまう。


    優しくてまっすぐな主人公
    修行して最終試験を受ける展開
    わかりやすい悪役
    鬼の能力はスタンド能力っぽい

    最終回はトーナメント戦でもするのかな

    オマージュ作品なのかな?


    ただ、炭治郎はボッコボコにされるのがよく似合う
    ミラクルなキャラクターだと思う

    富岡さんの絵のタッチが一人だけ大正時代

    漫画は途中で挫折しちゃったけど
    アニメは観てる!

  • 書店に努める友人から、ジャンプでものすごい人気だと聞いて、試しに読んでみた。普段あまり漫画を読まない自分としては、そんなにすごく面白かったというわけではないが、なかなか読み応えのある作品ではあった。

  • 雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載されている吾峠呼世晴の「鬼滅の刃」の第1巻です。2019年4月~9月までTVアニメが放送され、映画化、舞台化も決定しています。家族を鬼に殺された炭治郎が、唯一生き残ったものの、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻し、家族を殺した鬼を討つため旅に出るお話です。一応、復讐譚ですが、そこまでシリアスになりすぎないので読んでいて疲れる事はないです。緩急の付け方が上手いと思います。絵がちょっとクセがあるのですが、内容が面白すぎるので問題ないですね。

  • アニメ

  • そしてなんといっても主人公の炭次郎の造形が魅力的。

  • 表紙で損してないかな?中身はもっと絵が上手。絵というか話が面白くて、引き込まれる。良い意味でジャンプっぽい時代物。

  • アニメ見て好きなやつじゃん……となったので買いました。
    主人公に好感を持てるか?というところ、少年漫画だと気になるところだけど、個人的には満点だな。
    長男の責任感と優しさと頭の固さ(物理)、応援せざるをえない。

  • アニメ放送で鬼滅の刃の存在を知りました。
    面白い!

  • "「お前は知識としてそれを覚えただけだ お前の体は何もわかってない
    お前の血肉に叩き込め もっともっともっと!!
    鱗滝さんが教えてくれた全ての極意を 決して忘れることなど無いように
    骨の髄まで叩き込むんだ」
    「やってる 毎日やってる 必死で!!
    でも全然 駄目なんだ 前にっ…進めないこれ以上」
    「進め!!男なら 男に生まれたなら 進む以外の道などない!!
    かかって来い!!お前の力を見せてみろ!!」"

    表紙絵の雰囲気とざっくりしたあらすじしか知らなかったから重たい雰囲気の物語なんじゃと勝手に思ってたけど、無料分読んだら思いの外息の抜きどころがあって、展開も重きをおくかと思った部分がさくりと進んだりやり取りに緩急があったりめっちゃ面白い。面白いので一気買いしてしまった。
    『禰豆子も大きくなったなぁ』のシーンとか多分そんなほっこりするシーンじゃないのにほっこりしてしまう。
    ときどき表情がギャグ寄りに崩れてるのも良いなぁ……。
    指や腕、ふくらはぎの身体の肉のふにゃっとした感じが伝わってくるのも好き。

    https://kimetsu.com

    https://www.shonenjump.com/j/sp_kimetsu/
    ここの一番下に第70回JUMPトレジャー新人漫画賞・佳作の読み切り「過狩り狩り」掲載。

  • 目的がわかっていて、そこに向かっていくというわかりやすいゴールがあり、すごく良い。
    絶望からの復讐劇が、どういう風に進んでいくのかが楽しみ。

全54件中 1 - 10件を表示

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)のその他の作品

吾峠呼世晴の作品

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする