鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.21
  • (84)
  • (59)
  • (39)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 815
レビュー : 55
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088807232

作品紹介・あらすじ

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残ったものの、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!! 血風剣戟冒険譚、開幕!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鬼に家族を殺された少年が、唯一生き残った妹を人間に戻す為鬼狩りに身を投じるジャンプでは異色の和風伝奇ファンタジー。

    トーンを使わない白と黒の墨絵のようなストイックな絵柄に、たまに垣間見せる女体の残虐美がマッチし、一種独特の倒錯的な魅力を孕む。

    一巻はまだ然程でもないがとぼけた台詞回しや掛け合いのセンスが秀逸。
    主役から端役に至るまで、切れ味鋭いボケとツッコミの応酬には吹きださずにはいられない。

    そしてなんといっても主人公の炭次郎の造形が魅力的。
    極めて善良で心優しい少年で、鬼狩りに身を投じたのも家族の復讐が目的ではなく、あくまで妹を人間に戻したい痛切な一念。

    人間を狩り喰らう残忍で凶暴な鬼にすら同情し、その死を悼んで成仏を祈る姿に心打たれる。
    (初任務の鬼への対応だけ妙に渋かったが……同胞を食らった試験時の鬼にさえ優しかったのに)

    修行シーンも丁寧に書かれ、主人公が一歩ずつ地道に着実に成長していく過程に好感がもてる。
    炭次郎の妹・禰豆子は、始終竹を咥えていてフェティッシュ無口かわいい。

    炭次郎の仲間となる善逸と伊之介や柱も個性的で、それぞれが抱えた葛藤や劣等感、過去の壮絶な体験に基づく信念のドラマを魅せてくれる。

  • 雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載されている吾峠呼世晴の「鬼滅の刃」の第1巻です。2019年4月~9月までTVアニメが放送され、映画化、舞台化も決定しています。家族を鬼に殺された炭治郎が、唯一生き残ったものの、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻し、家族を殺した鬼を討つため旅に出るお話です。一応、復讐譚ですが、そこまでシリアスになりすぎないので読んでいて疲れる事はないです。緩急の付け方が上手いと思います。絵がちょっとクセがあるのですが、内容が面白すぎるので問題ないですね。

  • 遅ればせながら「鬼滅の刃」既刊(15巻まで)を大人買いして一気読み。
    なぜなら、アニメの出来が素晴らしかったので。あの雪山の静かさと、そこに隠された怖さがすごく見事だなぁと思いました。

    家族を殺された仇討ちに、鬼と化した妹を人間に戻すために、炭治郎は旅立ちます。
    カバー裏のような二人の日常を再び取り戻すために。

  • どこまで育ち化けるかを眺めていたい現役作品。
    現状、物語としての深みや問いかけをまるで感じない器に過ぎないのだが、この作家だけが描ける価値観、人間らしさの片鱗は感じられる。それが花開くかどうかとその行方に期待。

  • 書店に努める友人から、ジャンプでものすごい人気だと聞いて、試しに読んでみた。普段あまり漫画を読まない自分としては、そんなにすごく面白かったというわけではないが、なかなか読み応えのある作品ではあった。

  • そしてなんといっても主人公の炭次郎の造形が魅力的。

  • アニメ見て好きなやつじゃん……となったので買いました。
    主人公に好感を持てるか?というところ、少年漫画だと気になるところだけど、個人的には満点だな。
    長男の責任感と優しさと頭の固さ(物理)、応援せざるをえない。

  • "「お前は知識としてそれを覚えただけだ お前の体は何もわかってない
    お前の血肉に叩き込め もっともっともっと!!
    鱗滝さんが教えてくれた全ての極意を 決して忘れることなど無いように
    骨の髄まで叩き込むんだ」
    「やってる 毎日やってる 必死で!!
    でも全然 駄目なんだ 前にっ…進めないこれ以上」
    「進め!!男なら 男に生まれたなら 進む以外の道などない!!
    かかって来い!!お前の力を見せてみろ!!」"

    表紙絵の雰囲気とざっくりしたあらすじしか知らなかったから重たい雰囲気の物語なんじゃと勝手に思ってたけど、無料分読んだら思いの外息の抜きどころがあって、展開も重きをおくかと思った部分がさくりと進んだりやり取りに緩急があったりめっちゃ面白い。面白いので一気買いしてしまった。
    『禰豆子も大きくなったなぁ』のシーンとか多分そんなほっこりするシーンじゃないのにほっこりしてしまう。
    ときどき表情がギャグ寄りに崩れてるのも良いなぁ……。
    指や腕、ふくらはぎの身体の肉のふにゃっとした感じが伝わってくるのも好き。

    https://kimetsu.com

    https://www.shonenjump.com/j/sp_kimetsu/
    ここの一番下に第70回JUMPトレジャー新人漫画賞・佳作の読み切り「過狩り狩り」掲載。

  • 目的がわかっていて、そこに向かっていくというわかりやすいゴールがあり、すごく良い。
    絶望からの復讐劇が、どういう風に進んでいくのかが楽しみ。

  • 最高です。
    キャラクターたちが命をもっているようで
    感情を揺さぶられます。
    何度も読みたい作品です。

全55件中 1 - 10件を表示

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)のその他の作品

吾峠呼世晴の作品

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする