ファイアパンチ 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.67
  • (34)
  • (33)
  • (42)
  • (10)
  • (4)
本棚登録 : 521
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088807317

作品紹介・あらすじ

『氷の魔女』によって世界は雪と飢餓と狂気に覆われ、凍えた民は炎を求めた──。再生能力の祝福を持つ少年アグニと妹のルナ、身寄りのない兄妹を待ち受ける非情な運命とは…!? 衝戟のダークファンタジー、開幕!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とりあえず面白かった。
    行き当たりばったりな話ではあったが、適度な長さで終わったので何とか読めた。

    独特な世界観があったので、読み進められた。
    ある種、鬼頭莫宏先生(なるたる ぼくらの あたりの)に近い作者でジャンプ向きではない気がする。

    チェーンソーマンの方向性もわかってきた。

    週間ではなく月刊誌などでじっくり描いて貰いたい。

  • ファイアパンチ全巻読みました✊
     
    絵がとてもうまいのと予想外の展開で先が気になる。

    後半は迷走した感もあるが、力業でなんとか描ききった。
     
    作者は映画やSFに造詣が深くて、刺激のある絵作りのためイメージを奔放に走らせようとしたのが見て取れる。

  • 深い…。

  • 伊勢佐木町dice

  • ジャンプ+で連載していたダークファンタジー漫画です。
    序盤のダークな雰囲気が好みで読み始めました。かなり独特の世界観や言葉回しが多いですがゆっくり読めば理解できると思います。
    ダークな雰囲気が好きな方にはおすすめの作品です。

  • チェンソーマンが面白くて、過去作も読んでみようかと。
    面白い面白い面白い!
    引き、台詞、キャラ、戦闘、どれも強い。
    続きをすぐ買いにいこう。

  • 惨酷なだけじゃない、とは思う。さて今後の展開が全然見えないんだけど、どうなるかな?

  • 設定や世界観は最近の漫画の中では奇特なもので独特な台詞回しや展開に飽きなかったけど、後半から哲学書を読んでいるようだった。真面目に読んだら負け。

  • 氷の魔女が氷で覆ったが為に、極寒の世界、加え、人は飢餓に苦しんでいる。祝福者と呼ばれる異能力者のアグニとルナは、再生能力を利用して、村の人々に自分の腕を供給している。そこへ…と言う、設定てんこ盛りな気がするな、と思って読んでたんだが、ハマる。アグニとサンの出会い辺りでグイっと引きこまれる。『ザ・ロード』のあの一番怖い場面を逆手に取るとこう言う捉え方が出来るのか、と言う目から鱗。

  • 全巻
    設定が異様で面白いが、終わってみたら回収が苦しすぎて辛くなった。残念。

全30件中 1 - 10件を表示

藤本タツキの作品

ファイアパンチ 1 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×