ワンパンマン 12 (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : ONE 
  • 集英社
3.98
  • (28)
  • (35)
  • (25)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 482
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088807850

作品紹介・あらすじ

格闘技大会は猛者達の華麗な戦いが続き、なかでも冥躰拳のスイリューが際立った強さを見せる。一方、会場外では多数の怪人がヒーローを蹂躙、ジェノスも苦戦!? そしてサイタマはバクザンとの対戦を迎える!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 続きがすごく気になる。
    サイタマとスイリュウの対戦はあるのかな?

  • 怪人大襲撃の中、S級ヒーローたちが続々参戦。格の違いを見せつけていきます。
    これにて一件落着となるはずもなく、ジェノスを一撃でKOする怪人が登場。怪人側もS級ということか。いや、災害レベル竜とかか。

    なんだか、ジェノスがかませ犬みたいになってきてない?かつてのウォーズマンみたいな。どっちもサイボーグだけどさ。

  • ようやくイヌとブタの実力が明らかに!なるほど、良いね

  • 格闘技大会とジェノスの怪人排除を同時進行で描く。格闘かも怪人も寄せ集め感が否めないが、面白ければ良い。フブキとタツマキの姉妹関係にちょっと驚き。この巻もサイタマもガロウも活躍せず。どこまで引っ張る?

  • フブキとキングは絶対愛されキャラだよな。
    ガロウ編、引っ張りすぎて、状況を忘れそうになる。
    番犬マン、まさかの強さ。まあこういうアホなノリがいいとこだよね。駆動騎士の表現がすごい。

  • タツマキかっけえ!

  • 格闘技大会には色んな強者がいますね。のほほんと参加してるサイタマですが、会場の外では怪人が! ジェノスってばカッコいいし強いなぁと惚れ惚れだけどそんな彼も苦戦… なんか凄そうなのが出てくるし本編はサイタマ以外殺伐としてるな。番外編のキングにホッとするわw

  • 格闘技大会を開いているのでヒーローが次々と出てきて、その想像力とアクションシーンには感心するが、ちょっと散漫な感じもする。ワンパンマンの出番が少ないのも気になる。

  • サイタマの活躍が見たい

  • なかなか話が先に進まないわ。タツマキ姉ちゃんは妹のこと心配なのよね。いつまでたっても妹は妹。そんでサイタマ先生は相変わらずの強さだよ(笑)

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

村田 雄介(むらた ゆうすけ)
1978年、熊本県生まれ。転勤族の家庭だったため全国を転々としており、一番長く滞在したのは宮城県。
中学生時代、アクションゲーム『ロックマン4 新たなる野望!!』および『ロックマン5 ブルースの罠!?』の企画「ボスキャラ募集」に応募して、ダストマン、クリスタルマンが採用。1995年「パートナー」でホップ☆ステップ賞入選、1998年「さむいはなし」で第51回赤塚賞準入選。
代表作は『アイシールド21』(作画)、『ワンパンマン』(作画)。両者ともにテレビアニメ化されている。

ワンパンマン 12 (ジャンプコミックス)のその他の作品

村田雄介の作品

ワンパンマン 12 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする