ONE PIECE 83 (ジャンプコミックス)

著者 : 尾田栄一郎
  • 集英社 (2016年11月4日発売)
3.72
  • (38)
  • (59)
  • (68)
  • (6)
  • (2)
  • 本棚登録 :944
  • レビュー :36
  • Amazon.co.jp ・マンガ (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088808017

作品紹介・あらすじ

vs.四皇ビッグ・マム!! サンジ奪還の為、HCIに上陸したルフィ達だったが…!? 一方、サンジの結婚式の準備が着々と進められ、サンジの家族がついに勢揃い…!? “ひとつなぎの大秘宝"を巡る海洋冒険ロマン!!

ONE PIECE 83 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ビッグ・マムの子ども達との戦い。

  •  ビックマムと、サンジの婚約者登場。
     と、サンジの過去。

     も、赤足と出会った話も充分かわいそうだったのに…。
     でもって、こんだけのことがあったのに、<普通>でいられたよなサンジ。
     うん。ほかの規範からすると普通じゃないのかもしれないが、麦わらの中でのサンジの感覚は<普通>だ。<普通>に強い。ウソップが人間としての弱さの体現であるなら、サンジは強さの体現なのかもしれない。が、ウソップが弱いゆえにしたたかであるように、サンジは強いゆえに純粋でもろい。
     そのもろさと向き合うことを迫られているのかもしれない。

     と、ジンベエ登場で心強いと思ったら…。

     つか、出てくるのがチートすぎて、まったく勝てる気がしないんですけど。
     どうすんだ?
     いつもの麦わらより人少ないのに…。

  • ドタバタは苦手。それにつきる。

  • VS四皇ビッグ・マム!
    サンジ奪還の為、ホールケーキアイランドに上陸したルフィ達だったが…。
    一方サンジの結婚式の準備が着々と進められ、サンジの家族がついに勢揃い!?

    サンジの婚約者が予想以上にかわいくて、もうこのまま彼女も仲間入りさせればと思ってしまった。
    ビッグ・マムは家族に執着してるようでいて、暴走中に手に掛けてしまった息子を省みる事もなく…何ともちぐはぐ。ある意味あの大家族ぶりはいなくなっても問題ないように、な気がしてくる。
    島がお菓子だったり、森がアリス的な不思議な世界だったり、今回はファンタジー色強めだなぁ。マムの子供達がみんな個性ありすぎて、ふつうにかわいいプリンが奇跡すぎる。
    一方でサンジの家族はもう何というか、典型的な感じでイヤな家庭だった。そりゃあ家出もするだろう。

  • またまたいっぱいな情報で、分かるものと忘れちゃっているものとなるほど…と思うものと、面白いけど疲れる(笑)

    ホールケーキアイランドはお菓子いっぱいでごちゃっとしてて見辛いなぁ…。
    それに新たな能力も出て来て、大変そう…。
    もうちょっと余白が欲しい所だけど、無理だろうね。

    今回は、サンジがカッコイイわね!紳士!
    プリンちゃん可愛い♡サンジのお姉ちゃんも弟思い。
    ジンベエが登場して、ルフィについて行きたいって仲間に想いを語る所も良いなぁ。
    早く合流する時が来ると良いけど。

    とにかく、大事なのはサンジの結婚式がどうなるのか。
    ビッグ・マムと接触してからの展開が楽しみ!

  • プリン、いいこやな…
    そして久しぶりのローラ!!
    ここに繋がるのねー
    伏線がすごいわ。。。

  • 個人的には、メインキャラが実は貴人だったというのは好みじゃないんだけど...、きっと何か理由があるに違いない。身分や遺伝ではなく、みんな個の力で頑張ってくれると信じたいです。

  • 2016.12.24 読了

  • 2016.12.23.読了

    1巻から読み始め やっと最新刊にたどり着きました。
    尾田栄一郎さん 尊敬します。

  • ビックマム、ローラの姉、サンジさん、サンジさんの家族、サンジさんの婚約者、もうぎゅうぎゅうです。
    話が繋がってきていて面白かったです。でも一コマの情報量が多すぎて苦しいのも事実。尾田さん!コミックスではもうこれ以上は読めません。もう少し隙間を!

全36件中 1 - 10件を表示

ONE PIECE 83 (ジャンプコミックス)のその他の作品

尾田栄一郎の作品

ONE PIECE 83 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする