ワールドトリガー 17 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.28
  • (46)
  • (42)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 427
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088808222

作品紹介・あらすじ

ランク戦第5戦も終盤、柿崎の反撃に深手を負った遊真。玉狛第2に勝機は!? そして香取隊の葉子と華、二人の過去が明らかに! さらにヒュースの入隊をボーダー上層部に進言する修は、新たな問題に直面し!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 華が自分の勉強をする理由がいいよね。
    「将来 親の言うことがはずれたときに 親のせいにしなくてすむように」
    ランク戦ではワイヤーのトリックに唸った。
    空閑は自分の傷ですらフェイントに使ってるのが見事。
    相手に迷わせるって大事な手だよね。

  • B級ランク戦の続き。玉狛頑張ったー!
    ヒュースや千佳の当面の動きも決まり、次の試合が楽しみだ!

  • 香取 葉子というキャラクターが単純に大好きだ。
    彼女の子供っぽくてちょっとわがままで、でも憎めなくて一番人間臭さが出てる所、大好きです。
    玉狛、眩しいよね。
    その綺麗で純粋な所も大好きなんだ。
    でも、それ以上に、「自分たちが主役みたいな顔しちゃって…」ってイラついた葉子ちゃんが好きだなぁって思ったんだよ。
    一番主役になりたいのは葉子ちゃん。でも、出来ない。出来ないのも認めたくない。
    なんて人間らしくて可愛いらしい子なんだ、と思ったらもうこの子が大好きになってた。
    あー香取 葉子、頼むからもっと活躍してくれ。本編でのさらなる活躍を待ってます。

  • 今一番面白いジャンプ漫画の一角。
    ワートリはちゃんと本誌で読んでるから、ずいぶん時間が掛かった気がするなぁ。
    もぎゃああの葉子ちゃんと華さんの過去が明らかに、というか、だんだんと世界観を掘り下げていくのが、ホント。前もってちゃんと組み立てられているからおかしさは感じないし、こんな世界で皆生きている、と言うのが時々出てくると、抉られるなぁ。
    ユーマも楽しそうで良かった。
    千佳ちゃんオッサムの見せ場もアリ、オッサムは本領発揮以上にバトルでも活躍し、交渉でも上手く立ち回り、さっすが。
    本誌は、とても辛いけど、早く続きが読めるのを楽しみにしております。お待ちしております。

  • コミック

  • -

  • ヒュース入隊。修がいないときの話もちゃんも面白かったけど、いるときのワルトリも素敵だよ!

  • ランク戦が続いてちょっと話が失速してるな〜と思っていたけど、ヒュースのボーダー入隊(玉狛第二)の話が出てきてちょっと面白くなってきた。ツンデレ可愛い。
    ただ、雨取ちゃんの人を撃てない話はどうもモヤっとするというか、所詮ボーダー達の闘いはバーチャルで実際にダメージを受ける訳ではないので、撃てない葛藤のリアリティがないんだよなぁ。そういう意味では、手足もがれてもダメージがない世界感自体にモヤっとしてはいるけれど。しかし、その設定って、他の惑星に行っても生きているんだろうか?

  • 修の成長すごいなあカッコいいなあ…!って感動していたら、後半の生駒隊でものっそい笑った。作戦会議してない!(笑)

  • 毎回新キャラがいい味出してる。
    ヒュースがどうなるのかも気になるし
    病気が早く治ることを祈っております。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

葦原大介(あしはら だいすけ)
1981年、東京都生まれの漫画家。岡山県育ち。高校卒業後はアルバイトをしていたが、第75回手塚賞で『ROOM303』が準入選し、2008年『週刊少年ジャンプ』掲載、漫画家デビュー。2009年『賢い犬リリエンタール』で初連載。
代表作に2013年から『週刊少年ジャンプ』で連載開始した『ワールドトリガー』。2014年、アニメ化された。度々の休載を挟んでいるが、2018年、『ジャンプSQ』での連載再開が告知された。

ワールドトリガー 17 (ジャンプコミックス)のその他の作品

葦原大介の作品

ワールドトリガー 17 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする