ファイアパンチ 3 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.77
  • (16)
  • (19)
  • (25)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 452
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088808734

作品紹介・あらすじ

ドマへの復讐を果たすためベヘムドルグへ向かうアグニたち。そこにはトガタが仕込んだ凶悪な祝福者が待ち受けていた。だが、突如アグニの心を支配したある決意により、トガタの計画は崩れ去り──!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人は自分が信じたいものを信じる
    薪と人に分けたがる
    この物語の敵って誰なんだろう?それも全部自分が作ってる?

  • 伊勢佐木町dice

  • 怒濤だわ。展開が。

  • 画風が沙村弘明氏に似て来たものですから驚きました。
    不死の怪人いうのもテーマ的にアレでしょうし。
    雑誌上で沙村氏と著者の対談があり、なるほどと納得いたしました。
    やはり上手いもんだよなあって素人の私はやたら感心しきりなんですけどね。
    いいなあ・・こういう文化の繋がりや伝播というものは。
    先輩がいて後輩がいて・・師匠が誰で。どうしてこうなったのかとか。

  • 主人公覚醒。
    からの、ルナ(ユダ)に向けた叫びが悲痛。
    このお話しのキーが復讐なんかじゃなくて演技だってことが明確になってくるけど、またどんでん返しがきそうでワクワクするし、来なくても楽しい。

  • 前回ギャク感があったて笑わせられたが、今回アグニがヒーローの如く立ち上がってます。しかもアグニの信者までいるとは… なんだか先が見えるようで見えない展開にドキドキです。

  • シリアスギャグ街道を突っ走っているが、当初からこの路線の予定だったのかが気になる。

  • アグニが復讐者を演じていたというのは予想外だった。炎をまとっていることで誰にも触れることの出来ないダークヒーロー的なものと思っていたけれど、実際の彼が心中に宿していたのは「助けたい」という純粋な思いだった。

    そして今回で序章終了。復讐は意味をなくしベヘムドルグは壊滅したしアグニ信者なんてよく判らない集団も登場したから次巻からはがらっと話の方向性が変わりそう。最後に登場した自称氷の魔女も前巻で明かされた氷河期の話が本当なら謎の存在だし。これから本作がどのように展開していくの非常に楽しみ

  • 神も悪魔も信じる側にとっては紙一重なんだろね。ところで氷の魔女って何?既刊にそんなのあったっけ?

  • 4.0

全12件中 1 - 10件を表示

藤本タツキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×