ワールドトリガー 18 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.25
  • (38)
  • (43)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 407
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088810218

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み返し率のとんでもなく高い漫画。しかし作者療養のため休載中です。
    待ってます。

  • ほんとランク戦のみのキャラクター(また出てくると思いますが)と思うと、勿体ないキャラクターばかりです。
    もしも長く続くのなら、メインストーリー以外にも色んなキャラクターの話が読みたい。病気が完治して漫画描きまくれるようになりますように・・!
    生駒隊めっちゃ好きw

  • くっそ面白かった!!サイコーです、イコさん、サイコーすぎます!!一家に一台、1pに1コマ、イコさんが欲しいです笑。そして、ヒュース無双も、超楽しかったです。ヒュースと陽太郎の組み合わせも見れて、美味しすぎました…!!

  •  10巻から18巻まで読んでの感想。
     とりあえず、続き読みたい。

    <以下ネタバレ有>

     主人公がここまで徹底的にできなくて、それを実感させるまで負け続けて、それでもくじけないっていうのをこの長丁場面白く読ませるっていうのは凄いんじゃなかろうか。
     偏見かもしれないけれど、たいてい少年漫画って、苦労したとは言うけれど、何か月後とか割と努力するシーンを飛ばす気がする。負けるとしても1回とか。こんなに負け続けてもがき続ける主人公って見たことない。想像してみても面白くなさそうだ。けれど面白い。すごい。

  • 無事単行本が出てヨカッターーー、と思いつつ、本誌で載ってないのが当たり前になってるのはカナシーー。
    R6の王子隊生駒隊戦だったけど、生駒さんが文字通りの変な達人系キャラで、軽快な割りに変態的技術でとんでもない。なぜB級なんだ、って言うのは、あんまり戦術持ってないからかな。あるいみ千佳ちゃんの並びなのかも知れん。
    ヒュースのデビューが1日でB級昇格とは、嵐山隊長の持って着方のうまさが、やはり年齢離れしていておそろそか。

  • 152-160

著者プロフィール

葦原大介(あしはら だいすけ)
1981年、東京都生まれの漫画家。岡山県育ち。高校卒業後はアルバイトをしていたが、第75回手塚賞で『ROOM303』が準入選し、2008年『週刊少年ジャンプ』掲載、漫画家デビュー。2009年『賢い犬リリエンタール』で初連載。
代表作に2013年から『週刊少年ジャンプ』で連載開始した『ワールドトリガー』。2014年、アニメ化された。度々の休載を挟んでいるが、2018年、『ジャンプSQ』での連載再開が告知された。

ワールドトリガー 18 (ジャンプコミックス)のその他の作品

葦原大介の作品

ツイートする