青のフラッグ 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.33
  • (55)
  • (36)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 557
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088810454

作品紹介・あらすじ

人生の岐路に立つ高3の春──。
一ノ瀬太一は、なぜか苦手と感じる空勢二葉、幼馴染でリア充な三田桃真の2人と同じクラスになる。ある日、二葉から桃真への恋心を打ち明けられ、協力してほしいと頼まれた太一は…!? 青春に染まりゆく3人の新“純"愛物語、開幕!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 平凡な主人公・太一、イケメン好青年のトーマ、引っ込み思案のヒロイン・二葉。あ~最高過ぎて辛い…。
    教室での視線で、もうトーマの想い人は半ば察した感じで読んでいたので満員電車シーンとか今年最高に床ローリングでした///最高過ぎてこの余韻にしばらく浸りたく続きに手が出せない…トーマの行く末を知りたくない…なぜ一般誌なの…でもこれはNLだからこその切なさ、面白さなんだろうな。
    自分Twitterとかしてないんでトレンドには疎く、この作品に出会うきっかけとなったレビュアー様にひそかに感謝です。そんでめっちゃ腐女子の独り言ですが、太一と聞くと「ひだまりが聴こえる」の太一を思い出し、トーマのキャラは「さらば、佳き日」の剛を思い出した。それ無しにしても、自分的に文乃ゆき(茜田千)さんの作品を好きな感覚に似たものをこの作品に覚えた。

  • レンタルとアプリでちまちま読んでたんだけど、こないだ最終回読みました。
    終着点にはめちゃめちゃびっくりしたけど、そこに至るまでの話をなぜかかんのかという意見も多く見たけど、そういう選択ができるようになるまでを丁寧に描きたかったんやろなあと思った。
    中盤は読んでてしんどいことが多くて、みんなが切なくてつらい思いをしたまま話が終わったらいややなーみんな幸せになってほしいなーと思いながら読んでました。

  • 心理描写が素晴らしい漫画。
    それぞれが抱えるジェンダーの話と青春が合わさってとても考えさせられる。

  • 1〜5話

    おー!面白い!
    ありがちな展開ではあるけど、読んでてワクワクするなぁ。
    少年マンガて、きゅんはないのに面白いのなんでだろ。
    こっちの太一もかわいい。愚かなところがかわいい。
    つーか二葉ちゃん、かわいいよねぇ。太一に怒鳴られても追いかけていくとことか、結構根性あるし。つーか手紙の折り方なつかしーわー!

    うわーうわー、そうかと思ったけどやっぱそうか。伊達さんは意外だったけど。

    なんで「だて」じゃなくて「いたち」なんだろ。

  • なんの情報もなしに表紙とタイトルだけで読んでみたらジャンプ作品なのにまさかのごりごりの恋愛系でビックリ。でもどタイプ過ぎる。出会えたことに感謝したい。表情描くのが上手いから感情移入しやすくて置いてかれないからまじでみんながんばれて思えた。

  • 二葉、切ない。トーマ、切ない。太一、切ない。伊達、切ない。みんな、切ない。
    自然とのめり込んだ。人物の微細な所作を細かなコマ割りで見せる手法、好き。また、シーンの移りも自然だし必要最低限で良い。2冊目の単行本が出るのが待ちきれない。

  • 夫婦共有財産じゃない、わたしの所有する漫画です。読んだ知り合いとはひたすら語り合いたい。よろしくお願いいたします。青春の話。表情の描き方が抜群。

  • 試し読みでグッときて購入。すごく引き込まれる。
    ストレート(?)にそういう三角関係なのか、もう一段裏があるのか続きが待ちきれない。

  • 凄い…なんかもう言葉にならんこの切なさと狂おしさ…!表情が凄く良いたまらん。
    みんな可愛いしみんな幸せになって欲しいけどコレあああああ続き早く読みたい

    満員電車のシーンたまらなすぎるな…これ、こんな、すし詰めの満員電車で(おそらく)好きな相手がギュウギュウに自分に身を寄せてくるとか拷問かよどんな顔して耐えてたんだよトーマ…うっかり抱きしめてしまわないように両手挙げてんだよトーマ切なすぎる

  • よくある三角関係かと思いきや1巻のラストの「やられた!」感がすごい。
    「黒髪しか合ってないでしょ」で鳥肌がたった。
    再読するとトーマの視線、言動に別の意味が見えてくるのが味わい深いところ。

全34件中 1 - 10件を表示

KAITOの作品

青のフラッグ 1 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする