鬼滅の刃 6 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.25
  • (96)
  • (77)
  • (39)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1772
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088810768

作品紹介・あらすじ

蜘蛛の鬼に辛勝した炭治郎…。だが同胞の胡蝶しのぶに禰豆子を狙われ、禰豆子と炭治郎は捕われの身に。次に目覚めた場所は鬼殺隊の本部で、最高位の剣士“柱"に囲まれていた。鬼である禰豆子を伴っていた炭治郎に対し、一方的に裁判を行う“柱"たち。だがそこに現れたのは!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 那田蜘蛛山でボロボロにされた、炭治郎、善逸、伊之助は、柱である胡蝶しのぶの蝶屋敷に案内される。

    傷の治癒と共に、機能回復訓練に入る。

    ここで炭治郎達三人は全集中の呼吸常中を会得する。



    那田蜘蛛山での戦いが長くて、辛くて、見てるだけで痛くて、苦しくて・・・・

    そんな疲れた気持ちをホッとさせてもらえる巻。

    ここで、全ての柱(鬼滅隊で一番凄い人たち)が紹介される。

    まぁ、名前が読みにくいこと、覚えにくい事この上ない(笑)

    毎日息子に、「母さん、柱の名前全部覚えてた!?」と訊かれるが、相変わらず2~3人しか名前を言えない私・・・。

    老化による頭脳の劣化か!?


    しかしこの回の胡蝶しのぶさんの善逸、伊之助への鼓舞の仕方は、会社での上司が部下に叱咤激励するよきアドバイスになるのでは!?(*^-^*)

  • 静かで暗く冷たい世界、しかしそこには必ず小さな温かい火が灯っている。
    よく見ればそれは、たしかに人間、ヒトのものだ。
    上記のような印象だった鬼滅の刃が、王道ジャンプ漫画へと成ったのがこの6巻。

    敵味方ともに個性豊かな十人前後の幹部が紹介され、かなり組織だった戦いであり、本作が大きな物語であることが提示されます(鬼殺隊が数百人単位の階級ある組織、敵に十二人の幹部がいるという描写は既に行われています)。

    善逸登場で巻き返して以来、初期の雰囲気のままで最後まで進むと思っていたので驚ました。「おお、ジャンプ漫画だ」
    しかし、昔からジャンプを読んでいた自分にはこれは大歓迎でした。
    善逸により明確になりましたが、吾峠先生は喋る登場人物が多い方が個性を引き出せて面白いです。喋れない禰豆子と真面目で優しい炭治郎が記憶と理性を失っている敵を倒していくという展開だけでは、作者の魅力が伝わりにくかったのでしょう。

    禰豆子の血で加速する炭治郎の刀のように、ジャンプ漫画をモノにした本書から鬼滅の刃は加速していきます。その点でアニメの区切りは完璧でした。
    鬼滅の刃を読むときは是非ここまで一気に読んでから、続きを読むか決めてもらいたいです。一つの分岐点となる素晴らしい一冊でした。


    ■単行本おまけ
    ・表紙裏「しのぶとカナヲ」
    ・炭治郎気絶後の禰豆子とカナヲ
    ・大正コソコソ噂話「蜜璃の髪の色」
    ・大正コソコソ噂話「産屋敷の子供たち」
    ・大正コソコソ噂話「アオイと禰豆子の箱」
    ・なほちゃん・きよちゃん・すみちゃんと炭治郎
    ・炭治郎修行中の善逸と伊之助
    ・禰豆子に金魚を見せる善逸
    ・四コマ漫画『キメツ学園一礼儀正しい男』
    ・四コマ漫画『少女美少女主人公』
    ・四コマ漫画『可哀そうな善逸』

  • 今回は柱大集合でした!
    修行の一冊であまり感動しなかったけど、笑えた。笑笑!!!!

    タンジロー可愛いなぁ。

  • この後しのぶさんが、死んでしまうなんて信じたくない。

  • 所謂修行回。
    相手型のリストラクチャーがアグレッシブ過ぎて
    オラ、ワクワクっすぞ。

  • 禰豆子の血鬼術……知らなかった

  • 可愛いそうなしのぶ
    がんばったたんじろう

  • やっと面白く感じ出した。

  • 公認。

全62件中 1 - 10件を表示

吾峠呼世晴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

鬼滅の刃 6 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×