約束のネバーランド 4 (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : 白井 カイウ 
  • 集英社
4.19
  • (40)
  • (43)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 440
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088811833

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ノーマンちょっと、ちょっとちょっと!

  • のっけからの高いテンションが、少なくともこの時点まではずっとキープされてます。凄い。脱走のハラハラドキドキに加えて、順次明かされていく衝撃の真実とか、突然の別れとか、ヤマとなるエピソードの入れ方も絶妙。いよいよ脱走も佳境に入ってきた感じだけど、これだけ面白いと、そら高い評価もされますわ。

  • 裏の裏をかくような予想外の展開の連続で目が離せません。続きが楽しみです。

  • ノーマンの計画は緻密。
    でもみんな逃げられるのかな?

  • ノーマン生きてる??

  • 26-34

  • 意外な何かを見たんだよねノーマン。なんだろう、他の人間?
    あの描写だとノーマンは生きてるっぽいなー。
    いや生きててほしい。
    エマとノーマンとレイ、やっぱり3人一緒がいい。

  • 切ない。
    生きたいノーマンが全てを託すこと。
    自分の命を仲間の未来のために使うこと。
    ノーマンとの別れ、しんどい。

    生きてて欲しいなぁ。

    尚、私の中でノーマンの声は折笠愛さんでレイは皆川純子さん。(どうでもいい

    決行日のワクワク感いいよね。

  • おもしろい。
    出荷されてしまったノーマン。
    絶望に打ちひしがれてしまうエマ、レイ。

    展開が楽しすぎます。

  • 出荷を宣告されたノーマン。残された時間は、あと僅か。イザベラの策略から友を救う為、エマとレイはノーマンと共に計画を練る。3人が出した答えとは!? 永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ! 衝撃の脱獄ファンタジー!!(Amazon紹介より)

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出水 ぽすか(でみず ぽすか、本名・性別非公表、1988年1月17日 -)は、日本の漫画家、イラストレーター。東京都在住。都内某国立大学卒業。2016年11月、初の画集となる『出水ぽすかアートブック ポ~ン』(パイインターナショナル刊)を出版した。

約束のネバーランド 4 (ジャンプコミックス)のその他の作品

出水ぽすかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

約束のネバーランド 4 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする