鬼滅の刃 8 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.50
  • (31)
  • (13)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 220
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088812120

作品紹介・あらすじ

眠り鬼・魘夢にヒノカミ神楽「碧羅の天」を放った炭治郎の戦いの顛末は!? さらに、炭治郎一行の下に現れたものの正体とは!? そして炎柱・煉獄杏寿郎が動く。その強き者の口から語られる言葉の先に炭治郎が見たものとは!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本格的に鬼滅の刃を好きになった原因の巻です。
    煉獄さんが本当にかっこいい。
    炭治郎もいいお兄ちゃんだが、煉獄さんのようなお兄さんもいいなぁ…

  • 今一番いけてるジャンプ漫画にまで昇り詰めた鬼滅の刃、8巻だー。

    初登場時は眼がバッキバキで言葉通じない系キャラかと思いきや、炎を受け継ぐだけあり、あまりにも熱く、しかしぶれることのない強い光を放って朝日と共に消えてしまった煉獄さん……。カバー裏が非常に泣ける。
    今巻も引用したい名台詞連発で凄かった、ホント。

    次の宇髄も完全にネタキャラかと思いきや、現在連載を見る限り流石柱。。。。
    ホント面白い漫画ですばい

  • 善逸(炭治郎でも落ち込んだり だめかもしれないって思っちゃうことあるんだな そりゃ そうだよな 煉獄さんみたいな鍛え抜かれた‟音”がする人でさえ 死んじゃったんだからな 悲しいし取り乱すよな)(伊之助だってギャン泣きだった いっぱい悔しかったんだろうな 人間なんだから そんなパッパと 頭切り替えらんないよね)(どんな強そうな人だって 苦しいことや悲しいことがあるんだよな)(だけどず―――――っと蹲ってたって仕方ないから 傷ついた心を叩いて叩いて立ち上がる)(煉獄さんもきっとそういう人だったはず そういう音の人だった ちょっと風変わりだったけど 強くて優しい音だった)

  • せっかくのかっこいい煉獄さんの散り際なのに、首を落とすまで云々の辺りが何やってどうなったんだか全然分かんないんだけど……

    ギャーギャーギャーギャー騒ぎ続けてた善逸も、煉獄さんの死をきっかけに変わるのかな…。ネガティヴでも良いから静かにしてくれ…

  • 煉獄さんの生き様に泣いた。この巻についてはそれしか言いようがない。

  • 炎柱。。。

  • うわーーーーー!!!!早くない!?早くない!?

  • 62-70

  • 第62〜70話収録。
    以下、別著者の作品と比較あり注意。魘夢を倒したと思ったら突如、上弦の参である猗窩座(あかざ)が登場し闘いを挑んでくる。煉獄が皆の盾となり、そのまま帰らぬ人に。その姿がONE PIECEのエースを彷彿させ辛い。彼が死ぬことは事前にネタバレで知っていたが、彼の能力、致命傷、仲間と弟を大切にするところ、そして最期に笑うところまで同じ。パクリとは思わないがわたしにとってエースのことはトラウマなんだよ。本作を竈門兄妹目当てで読んでいなければ今後読むの断念していたかも。

  • 涙なしには読めない。電車で読んじゃダメ。

全19件中 1 - 10件を表示

鬼滅の刃 8 (ジャンプコミックス)のその他の作品

吾峠呼世晴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

鬼滅の刃 8 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする