ジョジョリオン 16 (ジャンプコミックス)

著者 : 荒木飛呂彦
  • 集英社 (2017年9月19日発売)
3.99
  • (27)
  • (28)
  • (23)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :298
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088812335

ジョジョリオン 16 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった。次の敵も強い。

  • 新キャラ、豆銑礼が登場。
    登場シーンはかなり従来の「ジョジョっぽさ」を感じた。キャラ付けもかなり面白く、まだ確定的な味方ではない佇まいも魅力的だ。
    岩人間に続く敵の見当がつき始めたものの、未だに敵の正体は掴めない。今後どう話が転ぶのか予想がつかず、ストーリー面に関しては過去どの部よりも楽しみかもしれない。

  • 面白い。

  • リフトの家、面白い♪ロマノフ美味しそう。

  • 現在のジョジョはこういう「動きの少ない話」が滅法面白い。饒舌で微細な(たぶん必要のない)ディテール、とにかく強靱な登場人物たちのメンタリティ。今の作者にしかできないし今の作者にしか許されない内容だ。

  • 康穂ちゃん全編出てて良かったー、と思ったらひどいめにーーーーーー。まあジョジョの女性は酷い目に遭うが。
    そして、塔の男リバイバルな植物鑑定人。
    鉄塔は住みたくないけど、リフトはちょっと気になるなぁ。

  • 花都と常敏の過去のエピソードは、死んだ子供が想像していたよりも悪人だったのが意外だった。植物鑑定人豆銑礼登場。敵の正体が気になる。

ジョジョリオン 16 (ジャンプコミックス)のその他の作品

荒木飛呂彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする