彼方のアストラ 5 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.65
  • (34)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 136
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088813141

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 名作ランキングにガッツリランクインしてきやがった。
    ハードルを上げすぎても構わない。こいつぁ読んだ方がいい。

  • 前作のスケットダンスのネタをちょいちょい混ぜているあたりが好き。ファンにとっては嬉しい。本作の第5巻は最終巻であり、作者もオチは出来上がって仕上げていたと知っていたので非常に期待していた。結論として、伏線をしっかり回収していた。読み終わって全てがわかる、と同時に気持ちが晴れやかになる終わり方。キャラクターもそれぞれ個性的で、宇宙SFだが納得のいく終わり方だった。

  • 漫画で宇宙探検モノのSFはあまりないジャンルだと作者も言っているように新鮮だった。5巻でスッキリ完結しているし、人に薦めやすいなと思える点も含めて貴重な作品だと思った。

  • レビューがとてもよかったので全巻一気買い。

    そもそもスケダンも全巻持っているので、単純に篠原作品が好きなのもある。
    好きなのもある、けど!!この作品は篠原作品読んだことない人にも読んで欲しいなぁ~!!最高なんだよ~!!SFなのに飾ってなくて読みやすくて説明もめっちゃ分かりやすくて~!!ギャグ多めだし~!!
    しかもこう…ギュッとしてる。テーマとかストーリーとか感情とかギュッとしてる。
    毒親に悩んでる人にも読んでほしいなぁ。篠原先生、スケダンのときも親に悩んでるような後書きあったし、そういう気持ち分かる人なのかも。
    自立とか、宇宙とか、友情とか、人としてのありかたとか、そういうのも笑いたっぷりに楽しく描いてくれている。真面目なところもあるんだけど、押し付けがましくないというか…。さらりと優しくされた感じ。

    この漫画を弟(スケダン好き)に勧めたら「僕も買おうと思ってた」と言われ、姉(宇宙好き)に勧めたら「宇宙…?買わなあかんやつやん」と言ってくれた。いぇ~い最高の共有しようぜ~!!

  • SFとして面白い。
    エンタメど真ん中感がなかったのは、バックトゥーザフューチャーのような時空間移動や驚きポイントが最後しかないためか。

    ストーリー 4
    テーマ 3
    キャラ 4
    世界観 5

  • ノリは完全にSKET DANCEでした。
    ハッピーエンド過ぎなの以外は嫌いじゃない。

  • 最後はちと駆け足だったけど王道ジュブナイルだつた!

  • Twitterで紹介されてて大人買い。正直、1巻の前半読んでる時には、本当に面白くなるのだろうかと半信半疑だったのだけど、予想を超える展開、キチンとした伏線回収、驚愕と納得の結末に、ただただ感動。読んでよかった。これまでの名作へのオマージュもあり、パロディもあり、でも素晴らしいオリジナル作品だった。

  • 見事完結。結構残酷な物語ながらも、本当ポジティブにハッピーエンドに導いた。子供たちのタフさが本当に気持ち良い。最終巻の表紙も本当良い。

    個人的には親達との対決(あるいは主人公達が想定していなかった真意があったなど)も期待していたのですが、流石にそこまでさせるのは酷というものか。

  • 謎もすべて解け、全員が揃って帰還。
    綺麗に終わりました。
    7年後のユンファの歌の歌詞にうるっときました。

    ワームホールの理論を提唱したGinjiChuma氏はやはり中馬先生の子孫なのでしょうか。この物語は時々前作のネタも出るのでストーリー意外でも楽しませてもらえました。

全17件中 1 - 10件を表示

彼方のアストラ 5 (ジャンプコミックス)のその他の作品

篠原健太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする