僕のヒーローアカデミア 17 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.13
  • (18)
  • (16)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 278
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088813202

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "「そうだよな…自分のせいで他人が傷つくより
    自分が傷つく方が楽だもんな
    まだルミリオン一人の方が望みはあった
    奴で芽生えかけた淡い期待が砕かれた
    気付いてるか?壊理にとって最も残酷な仕打ちをしてる事に
    おまえは 求められてない」"

  • 「大丈夫‼︎ 俺が君のヒーローになる!」

    久しぶりにヒロアカ読んだけど、ちょっと話忘れたなあ。
    ミリオがひたすらかっこいい巻。
    相変わらず戦闘シーンが分かりづらい。

  • 暗い路地裏で、震えながら去っていく君に何もしてあげられなかったことを後悔した。…自分が弱いことなんて分かってるさ。でも、もう決して悲しませない! エリちゃん! 俺が君のヒーローになる! “Plus Ultra”!!(Amazon紹介より)

  • 話もキャラも作り込みすぎてごちゃついてしまってる印象。
    トゥワイスがいるから余計よくわからない。笑
    残念だけど全部理解しようとするのは諦めて、モブへの興味はできるだけ捨てて、本筋だけ追うことにした。
    ONE PIECEにも言えることだけどどうでもいい人はもっとどうでもよく扱ってくれたほうが読者は助かると思うんだ…みんながわーわーしてるから聞きたい話が聞こえないし体力つかう…バトルシーンは断然ヒロアカの方が見やすいけど。

    ルミリオンしんどすぎるけどこれであっさり巻き戻されて治っても冷めるよなー。
    デクはおいしいタイミングで引き継いだな。
    そろそろこのエピソードは終わってほしい。疲。

  • 悲しいししんどい。
    みんなで学校でワーワーしてるときは楽しかったな…なんでこんなことになるのかな…正義とは…悪とは…って気持ちになる。つらい。
    でも次の巻にいけば希望があるのでは…!と思ってしまう。ギャンブルかよ。
    だけどそうやって続いてきたんだ。飯田くんのときも、合宿のときも、オールマイトの限界状態が世間にバレたときも。
    はーーー、みんな乗り越えてくれ。プルスウルトラ!!!

  • ミリオが能力失うあたりの、ある意味殺されるよりしんどい描写。

    トガちゃんとトゥワイスが出てくるあたりの話、連載時本当意味わからない部分が多かったんだけど、読み返してみると「ヤクザ達の能力をよく覚えていなかった」というのが原因。ここで「なんらかの能力で隠し事が出来なくなっている!?」みたいなモノローグがあれば分かりやすかったんだけど彼ら呑気にスルーしてたから読んでた時引っかからなかったんだよなぁ。やっぱ単行本レベルでのまとめ読みが推奨される作品。

  • ルミリオン完全に主人公やんけ。


    いろんな意味でデクはこれから大変やな(^^;

  • ルミリオンvs.治埼にオールマイト以来の熱さを感じる。自らを犠牲に、それでも立ち向かうヒーローはやっぱりいつでも格好良い(サー・ナイトアイも含め)。デクの登場と切り替えが少し早く、もっとルミリオンの活躍をしつこく描いても良かった感。

  • 死柄木もオーバーホールも小者感丸出しなのに、とってつけたようなトガちゃんのゾクっ!のシーンは、もっと何かエピソードで表現して欲しかったな

  • 悪役のデザインが好き。にしてもこれ週刊で読んだら意味わからんだろうなあ…。

全13件中 1 - 10件を表示

プロフィール

堀越 耕平(ほりこし こうへい、1986年11月20日 - )は、日本の漫画家。愛知県出身。名古屋芸術大学卒業。
東邦高等学校卒業 名古屋芸術大学デザイン学部イラストレーションコースに進学する。在学中、読切『ヌケガラ』で第72回(2006年下期)手塚賞佳作を受賞した。卒業前に読切『テンコ』を『赤マルジャンプ』(集英社)2007 SUMMERに掲載してデビューを果たし、さらに『赤マルジャンプ』2008 WINTERに読切『僕のヒーロー』を掲載した。

僕のヒーローアカデミア 17 (ジャンプコミックス)のその他の作品

堀越耕平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

僕のヒーローアカデミア 17 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする