約束のネバーランド 7 (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : 白井 カイウ 
  • 集英社
4.11
  • (32)
  • (51)
  • (21)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 631
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088813233

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • GFハウス脱走からシェルターB36-02からの物語へ。
    多少つまらなくなるのかなーと思っていたが、
    情報戦、知能戦に加え、大人との心理戦が加わり、おもしろい。

    次巻も楽しみです。

  • 目的地・B06-32の地下で子供達を待ち構えていた謎の男――。彼の正体とは一体!? エマ達の冒険は次なる局面へと移る。「ミネルヴァ探訪編」新展開突入!!

    13年も前に別の農園から逃げ出してきたというおじさん。いやいや、これ実はミネルヴァさん死んでね? さすがに13年何の接触もなく放置とかやばいやろ。いくら次はここへの指示があるったって…。
    しかしエマたちも結構図太いというか、仕方ないのかもだけど結構酷い。先住民であるおじさん閉じこめてシェルター堪能はさすがにマズくないですか。追い出されても困るのは分かるけどね。爆破しちゃうよで脅すのはおじさん可哀想になってくる。
    ただまぁ、その分おじさんも結構酷いのでどっちもどっちなのかな。ミネルヴァさん探索におじさんナビでエマとレイで旅立ったけど、わざわざ危険な目に合わせようというのはいただけない。おじさんあんな感じだけど滅茶苦茶強いのは凄いんだけどなぁ。何とか普通に協力体制取れんのかな。

  • 一人は寂しくて死んでしまうからね。
    脳内に生かしてしまっているのかもしれないね。
    彼はどういう手段で脱走したんだろうなあ。
    その手段によっては、子供たちがいた農園でもその対策がされていてもおかしくはないのだけど。

  • 【あらすじ】
    目的地・B06-32の地下で子供達を待ち構えていた謎の男──。彼の正体とは一体!? エマ達の冒険は次なる局面へと移る。「ミネルヴァ探訪編」新展開突入!! 永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ! 衝撃の脱獄ファンタジー!!

    【感想】

  • シェルターにてリフレッシュ。
    読み手もホッと一息。

    ミネルヴァ探訪編スタート。
    武器も手にして、今まで以上のサバイバルになるだろうな。

  • 最終的にはデレてくれそうな新キャラ。
    果たして、次の目的地に無事にたどり着けるのか。

  • オジサンとレイとエマのやり取りが面白い

  • オジサンが1人でどんな時間を過ごしてきたのか、すごく気になる

  • 用意されたシェルターと先輩脱走者。

  • 家族。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出水 ぽすか(でみず ぽすか、本名・性別非公表、1988年1月17日 -)は、日本の漫画家、イラストレーター。東京都在住。都内某国立大学卒業。2016年11月、初の画集となる『出水ぽすかアートブック ポ~ン』(パイインターナショナル刊)を出版した。

約束のネバーランド 7 (ジャンプコミックス)のその他の作品

出水ぽすかの作品

約束のネバーランド 7 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする