ハイキュー!! 30 (ジャンプコミックス)

著者 : 古舘春一
  • 集英社 (2018年2月2日発売)
4.35
  • (28)
  • (14)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :346
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088813370

ハイキュー!! 30 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 超インナークロスを練習してきた田中が、稲荷崎相手に決めることができてすごく格好良かった。
    それまでの葛藤や、単純な思考も田中らしい。
    後半の音駒高校は孤爪がメインで描かれていたけれど、山本と福永の2年トリオでのことも描かれていて面白かった。
    福永が個性出してきた!
    ゴミ捨て場の決戦なるか、次巻が楽しみ。

  • 田中格好良いなぁ。
    そして『初対面プロポーズ事件』!田中らしくて素敵だわ。

  • 田中パイセンはいつもカッコいい

  • 龍!

  • 目が笑ってないスガさんが怖すぎるw
    田中がカッコよすぎた…(キュン)
    いちいち反応する木兎さんが可愛い(キュン)
    ねこ最高(キュンキュン)!!!!!

  • あああーっ田中かっこいい!!!音駒のみんなも素敵…。

  • 研磨の言う「根性」と言う名の曖昧な物って感覚、凄く解る。出し入れが具体的に定義されてる訳でもないのに、便利に使われる言葉でしかない、が、「根気強く」と言えば解り易くなる。粘り強くとか言われると、途端に「根性論」が如何に姿かたちのないものか解ると言うモノ。一つの事を止めずに続ける事、最後までやり切る事って、難しいんだよ、本当に。

  • 福永がジワジワきてる(笑)

  • 田中の超インナークロスのあたりの作画がすごくいい。一時期描き方を模索してんのかなぁと思える、画風が変わって少し迫力を欠いた時期があったけど、週刊連載のスピード感で圧のある絵を描く、ということが馴染んできたのかな、と思えた。

    しかしここに来て田中や研磨のような、これまでもメインを張っていた人物をさらに掘り下げるとは。それはそれで読み応えがあるが、展開は少しゆったりしてきたかも?

  • ハイキューの良いところは主人公以外のキャラにもスポットが当たるところ。
    かのかちゃんが田中さんに惚れるのめっちゃわかる。どんな時でも部を離れなかったって、すごいよ。本当に頼もしい先輩方に恵まれて日向達が羨ましい。
    福永くん良いキャラしてる。思い出し笑いしそう。

全19件中 1 - 10件を表示

ハイキュー!! 30 (ジャンプコミックス)のその他の作品

古舘春一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ハイキュー!! 30 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする