僕のヒーローアカデミア 18 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.94
  • (15)
  • (21)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 442
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088813806

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エリさんの「巻き戻す」“個性”の力を借りて、100%の力を解放して戦う緑谷くん。きっと何かの為…誰かを守る為に戦うのがヒーローなんだ! 僕も必ずいつか! 心はいつでも“Plus Ultra”!!(Amazon紹介より)

  • 八斎會編、後味の悪い終わり方。

    後半の日常シーンはダレる。

  • ヴィランはグズグズ生き長らえてるのにヒーロー側には死人を出してステップアップの為の台にしちゃうのか〜…っていう、失望感。
    そもそも治崎編長くておもんなくて飽きたわ…ってなってたタイミングだったから余計に。

    反動でなのか仮免補習で子供と戯れてる話がめちゃくちゃ面白く感じたからもっとこういうのくれ。

  • 野望を溢れさせたヤクザ屋さんより何考えてるかわからねえ方がこわいっす青山くん

  • 色々あったのに最後の青山くんのせいで感想全部忘れた

  • 導入からすると恐ろしく大がかりな話となったヤクザ編終了。

    トガヒミコに姿奪われていた士傑の人が再登場。続報無かったので殺されてたと思ってたよ。

  • "「おまえは自慢の息子だ
    ならば俺も おまえが胸を張れるようなヒーローになろう
    父はNo.1ヒーロー…最も偉大な男であると」
    「勝手にしろよ…」"

  • 「この…未来だけは… 変えては…いけないな だから 笑っていろ」

    インターン編終了。
    サーの最後はちょっとグッときた。

  • 夜嵐くんのハーイって所が好き。ヘー○ルハ○ス。166話辺りだけ歯医者のジャンプで読んだ。扉絵の煽り文(?)が印象に残っている。「初めて家の外を意識したあの日、桜が綺麗に散っていた」だったかな。

  • 大人の凄さを見せつけることですね。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

堀越 耕平(ほりこし こうへい、1986年11月20日 - )は、日本の漫画家。愛知県出身。名古屋芸術大学卒業。
東邦高等学校卒業 名古屋芸術大学デザイン学部イラストレーションコースに進学する。在学中、読切『ヌケガラ』で第72回(2006年下期)手塚賞佳作を受賞した。卒業前に読切『テンコ』を『赤マルジャンプ』(集英社)2007 SUMMERに掲載してデビューを果たし、さらに『赤マルジャンプ』2008 WINTERに読切『僕のヒーロー』を掲載した。

僕のヒーローアカデミア 18 (ジャンプコミックス)のその他の作品

堀越耕平の作品

僕のヒーローアカデミア 18 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする