鬼滅の刃 11 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.50
  • (31)
  • (16)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 287
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088813998

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【ノート】
    ・上限の陸(6?)を倒したのかな?相変わらずすごい。天元が死ななかったのにはホッとした。

  • アニメ化めでたい\(^o^)/

  • 上弦の陸の兄妹鬼、妓夫太郎と堕姫との花街での戦いは熾烈を極める。次第に柱の宇髄と連携がとれる炭治郎たちだが、宇随や伊之助、善逸は鬼の凶刃に倒れてしまう。仲間が倒れた今、炭治郎は二人の鬼を打ち破れるのか!?(Amazon紹介より)

  • 長かった花街編も終わり。炭治郎達がどのような手段を用いても次の瞬間にはそれを上回るカウンターを繰り出してくる妓夫太郎。いや~、上限の鬼と呼ぶに相応しい強さだった!
    メインキャラの中から死人が誰も出なかったのが奇跡のように思えるほど。特に宇髄さんなんて何度も死亡フラグ立ててたから、まさか生き残るとは思わなかったよ
    これも全ては炭治郎が自分の力の限界を超えて何度も妓夫太郎に立ち向かった結果と思えてならない

    ラストは本作の醍醐味でもある敵の妓夫太郎と堕姫の鬼になる前の願いや後悔が描かれた。二人のしたことは許されないし、あのような描写が有っても同情なんて欠片も出来やしないがそれでも彼らの悔恨には少ししんみりした気持ちになってしまった

  • 時間の問題だと思ってましたが今の時点でアニメ化してストックが足りるのか不安が。
    全12話で一期・二期と分ければ大丈夫か……?

    遊郭の鬼決着編。
    炭治郎や宇髄の死闘など全編にわたり熱い展開だったのだが、特に印象的だったのは伎夫太郎と堕姫の過去の回想。

    ネタバレになるので伏せるが、堕姫の本名「梅」の元になった母親の病名はずばり遊女の職業病の梅毒。
    この梅毒は古来より根強い感染力を有する性病で、母子感染もあった。
    伎夫太郎の容貌が斑点に蝕まれ醜かったのはひょっとしてそのせいでは……と妄想逞しくした次第。

    それにしても「君たちのしたことは誰も許してくれない」「多くの人に憎まれ恨まれ罵倒される」と死に際に告げる炭治郎は優しいのか残酷なのかわからない。
    いや優しいのはたしかなのだが、その優しさは真実の残酷さと紙一重でもある。

    堕姫たち兄妹にしても大勢の人間を利己的に嬲り殺してきたのは事実なので(とくに堕姫は遊女に化けてる間も間接的に大勢を死に至らしめてる)因果応報の末路なのだが……

    それでも一話まるごと敵の回想に使って、一抹の救いをもたらしてくれるのが好感触。
    歪んだ兄妹愛の哀切な余韻が胸に迫った。

  • 紋壱じゃなくて善逸!!笑

  • アニメ化おめでたーーい!!!!!
    遊郭篇おわり!当時クラスタ内で話題になってたけどワニ先生って家族とかきょうだいとか血縁に重点おいてるよねぇ

  • 「幸せかどうかは自分で決める 大切なのは"今"なんだよ前を向こう」

    上弦の鬼との激闘。
    一冊丸々かけての戦闘は熱かった。敵キャラクターにもエピソードがあるのも良かった。

全19件中 11 - 19件を表示

鬼滅の刃 11 (ジャンプコミックス)のその他の作品

吾峠呼世晴の作品

ツイートする