鬼滅の刃 11 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.51
  • (31)
  • (15)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 284
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088813998

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "「お前とはもう兄妹でも何でもない
    俺はこっちに行くからお前は反対の方 明るい方へ行け おい!!」
    「嫌だ 嫌だ
    離れない!!絶対離れないから ずっと一緒にいるんだから!!
    何回生まれ変わってもアタシはお兄ちゃんの妹になる絶対に!!
    アタシを嫌わないで!!叱らないで!!一人にしないで!!置いてったら許さないわよ
    わぁぁあん ずっと一緒にいるんだもん」
    「……」"

    戦闘の勢いとその中で成長してるのが伝わってくる面白いなぁ。読んでて無意識に力が入ってしまう。
    最後を読んで泣いて読み返して泣いてしまった……。
    毎巻読み終えてから最初の扉絵に戻るとすごく良い。

  • 遊郭編、決着!
    兄を思う妹、妹を思う兄。愛と絆がとても美しかった。本巻も涙なしでは読めなかった……最近本当に絶対泣かされてるよ吾峠先生……無理ですありがとうございます続きも楽しみにしてるので頑張ってください……よしファンレター書こう。

    そんでもって祝アニメ化!吾峠先生の描く女の子の柔らかさ可愛らしさがキービジュアルからは感じられなかったんだけど……、ある程度仕方ないかなあ。地上波に乗るの普通に嬉しいし、リアル動き回る彼らが見られると思うと……ギャグとか絶対爆笑する。とても楽しみ。

    以下ネタバレあり。



    戦いを経るごとに新しい戦い方を身につけ、どんどん強くなっていく炭治郎、やっぱりかっこいい。戦いの中でいつも焦っているところ、急速に力をつけていくところがなんだか生き急いでるように感じられてしまってハラハラしつつ、応援したくなってしまう。そして鬼を斃した後は必ず彼らに寄り添う。その優しくてまっすぐな心に読んでる自分の心が洗われるよう。崇高な気持ちになる……好きです。
    ほんでねずこ(字出ない…)がやっぱかわいいな。謝らないでと泣くねずこ。兄を思い、そして救う。素晴らしい上に万能とか……好きです。
    特筆すべきは本当に眠ってんのか??ってなるイケメンな善逸の破壊力な。女の子で目の色すぐ変わるし破綻してること多いけどここぞって時に絶対的に炭治郎の最大の味方になる。最高かよ……好きです。
    伊之助はもうな、癒し&和みキャラで固定されたわ。本能で生きてるよね本当。走って逃げるんかい!なんだあれ。かわいいかよ。好きです。
    そして柱はやはりすごいしかっこいい。いや本当に宇髄さん前巻からそうだけど、嫁に優しく強く頭が良く下の者にも横柄でもないしただのイケメンでは???んで嫁筆頭の雛鶴さんは優秀な忍びですね、ナイスアシスト。死ななくてよかった……。
    最後に、やっぱり鬼サイドの背景と人間模様を掘り下げてくれるのが本当にたまらなく好きです。泣いた。嫌いになれない、させてくれない。ずっと一緒、互いだけは互いの最大の味方……兄妹愛最高でした……。
    そんで?次は蛇来んのかな??やっぱり蛇も好きになっちゃうかしら。続きが楽しみですな。

  • 妓夫太郎と梅、炭治郎と禰豆子、どちらも兄と妹。

    喰種は人間の亜種、と言う説を捨ててないので、人が鬼に鬼とされる構図は、強制的に半喰種化されたカネキくんとシンクロする。そう言う意味でも『東京喰種』読みがハマらない訳がない…

  • これまで書いてきたように、ジャンプで一番面白いマンガ鬼滅の刃が、ついにアニメに!!
    まあそれはどうでもいいが。

    ねずこー!!
    ねずこーーー!!!!
    ぎゆうたろうとだきのはなしは、本誌でも泣いたけど、やっぱ泣ける。
    泣ける。

  • みんな頑張った、みんなで勝利をもぎとった。
    物語の早々で亡くなった炭治郎の家族や敵である鬼に対しても眼差しが優しい。

  • 天元さま、生きたまま火葬って(笑)嫁のアクが強すぎる(笑)花魁兄妹も犠牲者なのよね。輝哉さま、大丈夫なの?鬼舞辻と同族って??

  • 熱い

  • 鬼の兄妹の過去話こんなに尺取るところ!?てなってしまだたけど、まあとりあえずひと段落ですね。

    この調子で十二鬼月1人倒す度に鬼殺隊の柱1人死ぬなり脱落するなりしていくの??

  • ついに決着。顎から刃刺さってんのめっちゃ痛い!
    というか毎回怪我しててボロボロからのスタートでヒヤヒヤする死んだと思った。伊之助無茶苦茶すぎるwでも勢いがあって面白い!早く強くなって安心させて欲しい。

  • この兄妹の関係。。

    泣けた。。

  • 【ノート】
    ・上限の陸(6?)を倒したのかな?相変わらずすごい。天元が死ななかったのにはホッとした。

  • アニメ化めでたい\(^o^)/

  • 上弦の陸の兄妹鬼、妓夫太郎と堕姫との花街での戦いは熾烈を極める。次第に柱の宇髄と連携がとれる炭治郎たちだが、宇随や伊之助、善逸は鬼の凶刃に倒れてしまう。仲間が倒れた今、炭治郎は二人の鬼を打ち破れるのか!?(Amazon紹介より)

  • 長かった花街編も終わり。炭治郎達がどのような手段を用いても次の瞬間にはそれを上回るカウンターを繰り出してくる妓夫太郎。いや~、上限の鬼と呼ぶに相応しい強さだった!
    メインキャラの中から死人が誰も出なかったのが奇跡のように思えるほど。特に宇髄さんなんて何度も死亡フラグ立ててたから、まさか生き残るとは思わなかったよ
    これも全ては炭治郎が自分の力の限界を超えて何度も妓夫太郎に立ち向かった結果と思えてならない

    ラストは本作の醍醐味でもある敵の妓夫太郎と堕姫の鬼になる前の願いや後悔が描かれた。二人のしたことは許されないし、あのような描写が有っても同情なんて欠片も出来やしないがそれでも彼らの悔恨には少ししんみりした気持ちになってしまった

  • 時間の問題だと思ってましたが今の時点でアニメ化してストックが足りるのか不安が。
    全12話で一期・二期と分ければ大丈夫か……?

    遊郭の鬼決着編。
    炭治郎や宇髄の死闘など全編にわたり熱い展開だったのだが、特に印象的だったのは伎夫太郎と堕姫の過去の回想。

    ネタバレになるので伏せるが、堕姫の本名「梅」の元になった母親の病名はずばり遊女の職業病の梅毒。
    この梅毒は古来より根強い感染力を有する性病で、母子感染もあった。
    伎夫太郎の容貌が斑点に蝕まれ醜かったのはひょっとしてそのせいでは……と妄想逞しくした次第。

    それにしても「君たちのしたことは誰も許してくれない」「多くの人に憎まれ恨まれ罵倒される」と死に際に告げる炭治郎は優しいのか残酷なのかわからない。
    いや優しいのはたしかなのだが、その優しさは真実の残酷さと紙一重でもある。

    堕姫たち兄妹にしても大勢の人間を利己的に嬲り殺してきたのは事実なので(とくに堕姫は遊女に化けてる間も間接的に大勢を死に至らしめてる)因果応報の末路なのだが……

    それでも一話まるごと敵の回想に使って、一抹の救いをもたらしてくれるのが好感触。
    歪んだ兄妹愛の哀切な余韻が胸に迫った。

  • 紋壱じゃなくて善逸!!笑

  • アニメ化おめでたーーい!!!!!
    遊郭篇おわり!当時クラスタ内で話題になってたけどワニ先生って家族とかきょうだいとか血縁に重点おいてるよねぇ

  • 「幸せかどうかは自分で決める 大切なのは"今"なんだよ前を向こう」

    上弦の鬼との激闘。
    一冊丸々かけての戦闘は熱かった。敵キャラクターにもエピソードがあるのも良かった。

全19件中 1 - 19件を表示

鬼滅の刃 11 (ジャンプコミックス)のその他の作品

吾峠呼世晴の作品

鬼滅の刃 11 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする