ワンパンマン 16 (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : ONE 
  • 集英社
3.82
  • (10)
  • (19)
  • (15)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 242
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088814513

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヒーローたちに囲まれたガロウ… ヒーロー狩りだし悪役の立ち位置なのかなって思うんだけど、彼は行き過ぎてあんなふうになっただけで根本的な部分は良い子だと思うのよね… なので初登場の時と比べると嫌いじゃないのよ。ジェノスが久しぶりに活躍かと思ったらバングVSガロウの師弟対決に! ヤバイ、バングがカッコ良すぎ♪ 感謝、感謝のお借り本。

  • 正直ガロウの言い分は半分ぐらい同意できる。好きなキャラが悪役ばかりで、時の運で倒されるところをたくさん見てきたからね。もちろん運も実力のうちだけれども、それでも。

  • 読了

  • 主人公がガロウ。
    サイタマはようやくゲームが終わって外出する様子ですが次巻はもっと登場してくれるのでしょうか。

  • 結構強いし、なんかイイヤツなんじゃないの?

  • ガロウ編と言っても過言ではない。ヒーローとして認められたいと野心を持ったA級ヒーローよりもガロウに感情移入してしまう自分がいた。この巻でもワンパンマンことサイタマの活躍なし(; ;) どれだけ引っ張るの~

  • ガロウ、なんなんだ…?

  • スピード感が楽しかった作品だと思っていたのだが、のろのろ間延び進行は、読者の興味を欠くよ?

  • 息をもつかせぬ戦闘シーンの連続。
    ヒーローたちの技の数々と、
    それを受け止め続けるガロウの強さ。
    この勝負いつまで続くのか。
    そしてサイタマはいつ働くのか!?(笑)
    そろそろ本筋に絡んできてほしいなー。

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

村田 雄介(むらた ゆうすけ)
1978年、熊本県生まれ。転勤族の家庭だったため全国を転々としており、一番長く滞在したのは宮城県。
中学生時代、アクションゲーム『ロックマン4 新たなる野望!!』および『ロックマン5 ブルースの罠!?』の企画「ボスキャラ募集」に応募して、ダストマン、クリスタルマンが採用。1995年「パートナー」でホップ☆ステップ賞入選、1998年「さむいはなし」で第51回赤塚賞準入選。
代表作は『アイシールド21』(作画)、『ワンパンマン』(作画)。両者ともにテレビアニメ化されている。

ワンパンマン 16 (ジャンプコミックス)のその他の作品

村田雄介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ワンパンマン 16 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする