ONE PIECE 89 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.86
  • (27)
  • (31)
  • (30)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 549
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088814964

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サンジのケーキ食べて、ビックマムは?

  • ルフィVSカタクリ戦を中心としたビッグ・マム海賊団からの逃走劇。カタクリは久々に非常に魅力のある強敵として描いてくれてよかった。四皇本人でなくファミリーでルフィ以上の実力者と描いた点も良いし、その戦闘の中で成長して力を伸ばしていく描写も少年漫画らしさ抜群で熱かった。
    ビッグ・マムの規格外の強さと異常さをもって、逃げる麦わら海賊団と追うビッグ・マム海賊団の双方が振り回されていく流れが案外色々起きて飽きさせない。そうして気になる状態でこの巻がまた終わってしまう辺りがにくいものである。少し局面が変わると良いなぁ。

  • カタクリとの対決長かったね…。
    もっと圧倒的に強いのかと思ったけど、能力もルフィとあまり変わらないような感じになっちゃってたな。
    共倒れのようで、ルフィの方が精神的(?)に強さが出る。
    戦いの中で、ルフィがただがむしゃらにではなく、レイリーの教えを体現していく姿…更に成長して行きそう。
    あと、ギア4の"スネイクマン"に既視感が…どこかで見たような?
    そっと、カタクリの口元を隠す、相手への思いやりや優しさ…ルフィだから出来ること。

    ウェディングケーキの下りは付加価値だね…。
    サニー号はどうなった???
    沈んだのか?潜ったのか?クードバースト?
    無事でいてくれ!!!

  • 食いわずらいのマムを止めるべくケーキの完成を急ぐサンジ達。一方、不敗の将星カタクリと死闘を演じるルフィに活路はあるのか!? 極限バトルに決着の時が訪れる!!(Amazon紹介より)

  • まぁ、お決まりのパターンとは言えカタクリと認め合った感の出てるシーンは良い。
    続きがきになる終わり方でした。

  • 安定した楽しみかな。カタクリの過去の傷を、たった一コマで表現するというのは、画力のある作家さんだなぁと思った。

  • カタクリ戦、決着。

  • ルフィVSカタクリ決着ッ!

    カタクリは今後の良きライバルになりそう。

  • まーいったいいつまでつづくのか。

    サンジは結婚しないんですね。

  • カタクリ兄さんがいい奴(男気があるというか)でまいった。
    コンプレックスを克服したし、何度倒れても立ち上がるルフィと対等に接したし。それはルフィのおかげなんだろうけど。今までの敵はルフィたちを見下しているような奴らばっかだったので、カタクリも最初そうだったけどこうなるとは思ってなかったです、はい。ビッグマムの部下であるのが勿体ない。次があればぜひ味方(ムリだろうけど)側で暴れてもらいたい。あと、将星のわりに後手に回ったスムージーともども。


    それもあるのか、どう贔屓めに見てもルフィが勝てる内容には見えなかったです。前巻の前半戦でカタクリはロクにダメージ受けてなかったけど、ルフィは結構やられてた。後半に先が少し読めるになったけどカタクリほどじゃない。となると、ルフィの体力と力がめちゃくちゃ高いか(そうだと思うけど)、カタクリの体力と力が思いのほか低いということになってしまう。それはさすがに嫌だなあ、顔なんてどうでもいいけど。


    WCIから逃げるとき、いろんな人たちが助けてくれます。頂上決戦のとき、ミホークが「周囲の人間を仲間にできる能力が恐ろしい」的なことを言っていたけどまさにそれ。ジェルマやベッジ、ペコムズとかありえない連中がぞくぞく出てきて。ジェルマなんて「連中に一泡吹かせたい」とかいう理由で参戦してきたけど、親父さんがサンジに対して思うところがあったに違いない(出来損ないと思ってたら、全然そうじゃなかったとか)と勝手に思っています。
    ただ、あんな終わり方しちゃったんでちゃんと逃げられたのかと。逃げられないとこのマンガ終わっちゃうだろうから大丈夫なんだろうけど……。ケーキをたべたビッグマムが幸せすぎて改心しないかと期待してたけどムリだった。




    しかし、このマンガのキャラクターは変人は多いけど万人受けキャラが多いから安心して見られるんだけど、性格が曲がったキャラ――たとえばゴア王国の貴族、天竜人、スパンダム、今回でいうとフランぺ――は本当にハラが立つ。そういうキャラは大抵やられて酷い末路だったり、顔が落書きのごとく酷かったりしてるので、フランぺは何もないじゃないか、殴ればいいのに(カタクリは妹には手を出さない主義なんだろう、いい奴だと彼の好感度は上がる)と思って彼女が酷い扱いになることを期待していますが、たぶん1回キャラみたいな扱いだったからもう出てこないだろうな。

全27件中 1 - 10件を表示

プロフィール

尾田 栄一郎(おだ えいいちろう)
1975年1月1日生まれ。熊本県熊本市出身、九州東海大学中退。A型。絵を趣味としていた父親の影響から、幼少期より絵に親しんでいた。4歳の時から漫画家になることを夢見ていたという。中学時代から本格的に漫画に取り組んできた。
1997年より『週刊少年ジャンプ』で連載が開始された『ONE PIECE』の累計発行部数は国内最高の3億5000万部を突破。「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された。
1992年下期「WANTED!」で第44回手塚賞準入選(「月火水木金土」名義)。1993年「一鬼夜行」で第104回ホップ☆ステップ賞入選。2006年『ONE PIECE』で日本のメディア芸術100選マンガ部門選出、2012年には第41回日本漫画家協会賞大賞受賞。

ONE PIECE 89 (ジャンプコミックス)のその他の作品

尾田栄一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ONE PIECE 89 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする