鬼滅の刃 12 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.26
  • (20)
  • (19)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 263
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088815404

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小鉄少年のスパルタ修行そんな……そんなんでいいのか!?!????!?
    最後にカバー裏見てふふってなった。

  • あれ、炭治郎父ってこんなそっくりさんだった?既刊ではやつれてたから別人に見えたとか?耳飾りの人、もともとの人がいたのね。

  • "「炭治郎君
    今度また生きて会えるかわからないけど 頑張りましょうね
    あなたは上弦の鬼と戦って生き残った これは凄い経験よ
    実際に体感して得たものはこれ以上ない程価値がある
    五年分 十年分の修行に匹敵する
    今の炭治郎君は前よりももっとずっと強くなってる
    甘露寺蜜璃は竈門兄妹を応援してるよ〜」
    「ありがとうございます」"

    なんだか鬼になっちゃいけないような人が上弦の鬼になっているような……。
    『隠たちはホッコリした』のところや、三途の川からの流れるような一連の話の動きが地味に好き。

  • またしても2つに分裂する鬼と、もう1匹の鬼登場。
    前回の花街編よりも敵が多いし、鬼殺隊側は人が少ない状態だけど、また鬼1匹と柱1本引き換えかな…?

  • なるほど順番に柱と上弦が出てくる構成かー
    いやぁせっかく怪我治ったのに!!日常シーンがすごく面白いのでもうちょい修行してもいいのになぁw

  • 霞柱強し!

  • 登録してなかった。
    よく敵対組織の方が正義の味方よりも部下を見てるだの成果評価型で魅力があるだのというくだらない遊び(フリーザ一味とか)があるけど、鬼滅の刃はバリバリのワンマントップの血反吐がでる最強パワハラ組織で面白い。

    今回は甘露寺さんと無一郎が掘り下げられるフェーズで、なかなかいい話になるので、楽しいです。

  • めちゃんこ面白かったんですけど……炭ちゃんいい子すぎる。

  • 113年振りに上弦の鬼が欠け、憤る無惨は残りの上弦の鬼たちへ更なる命を下す!!一方、妓夫太郎との戦いで刀を刃毀れさせた炭治郎に鋼鐵塚は大激怒。新たな刀を求めて、炭治郎は鋼鐵塚のいる刀鍛冶の里へと訪れるが…!?(Amazon紹介より)

  • 鬼滅は、絵が動いているように見える漫画。躍動感半端ない。
    あと、眉毛がとても優しくて、良い味出してる。
    シリアスな中に笑いもあってとてもおススメです。

全16件中 1 - 10件を表示

鬼滅の刃 12 (ジャンプコミックス)のその他の作品

吾峠呼世晴の作品

鬼滅の刃 12 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする