HUNTER×HUNTER 36 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.22
  • (26)
  • (32)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 377
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088816401

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ここのレビューを見ているとそろそろ終わるのかということを気にしている人が多いっぽいが、ジンとの遭遇がああいう不意打ちで書かれた以上、冨樫はどういう形でもこのマンガを終わらせられるんだろうなという諦念にも似た思いが最近はある。おそらくもう手札はだいたい出し切っていて、その状態でキャラクターを好きに動かして、描きたいものを描きたいように描いているような状態が今なのでは。シンプルな「強さ」によるインフレは蟻編で最高潮だったし、HUNTERらしい知略とトリックで突き進む今の展開はとても緩やかに見ていられる。

    それにしても旅団である。復讐で狙われ、それによる「手足」の損壊を意にも介していなかった組織が、復讐の念に囚われているというのはとても面白い。クラピカの遭遇なく自壊しても、クラピカと遭遇してぐちゃぐちゃなことになってもきっと面白い。そう思わせるだけのマンガというのはすごいことだと思う。

  • アホなので念能力念獣のことが一発で理解できない!
    地味にネオン死んでるじゃねーかコノヤロウ。ハンターハンターは再登場を喜べないマンガというレビューはいつか書いたけど。

    新しいキャラが多すぎてこんがらがってるしクモも絡んできてるし。
    新キャラは疑り深くてビスケにマジ惚れした人と、クモの評価を下したアジア系の一瞬出てきたマフィアの人(細かい)が好きです。あとオネエ口調の人も素敵。
    イズナビさんにくっついてるテキトーな若い人もかわいいですね。
    ハンターハンターの世界にはドラゴンボールとデスノートとニシナカーナがいるらしい。嫌いになれないわ~タイソン王子。
    王妃も一癖も二癖もあっていい。ドゥアズル王妃(カミーラのお母さん)が地味に怖いんだけど。

    レオリオとバショウがどうしてるのかしらと心配。
    理想としては上の方の王子相討ち、下の方の王子助かる、なんだけども。
    カミーラどうやって倒すの?
    そしてモモゼは割にあっさり死んでましたね。テータはなんとか無事で良かった。

    緊迫した中、シマヌとオイト王妃の何気ない会話や、フウゲツカチョウの健気な頑張りが涙を誘いましたら。ルズールス以下は(サレサレ除く)生き延びてくれ。

  • きっと暗黒大陸編が最終章なんだろうな。
    やりたい事と出したいキャラを突っ込んできてる。
    週刊連載だったらこのクオリティを維持できないんじゃないかな。
    意味のある休載だったのでは。

  • 文字数かなり多いがおもしろい。ヒソカはどこにいるのか!いい意味でとても気になる。

  • 早く続きが読みたい。
    ヒソカと旅団、あるいはイルミが戦うところを見たい。

  • 8ヶ月ぶりの単行本。登場人物と文章による情報量が多すぎて1回では理解不能。面白いのかも不明。でも買ってしまう。もはやHUNTER病。
    内容的には幻影旅団がある人物が新加入していたことが判明し、さらにヒソカも。継承戦の行方は次々と行われる能力の情報公開と同様に混沌の様相

  • 登場人物と文字多い上に、念能力もより細分化されて、読むの疲れる

  • 書き直し20181016
    一番好きなキャラクターがもう死んでいるので、個々のキャラクターは好きだがどうにでもなってくれと思いながら読んでいる。相変わらず面白い。

  • 複雑すぎてたまに分からないことがある

  • 待ちに待ったというかもう慣れた発売の36巻
    相変わらずの文章量で読むのに時間がかかるが、それだけの内容がある
    しかもさらに人数増量と来た、マジかよ
    でも、設定もキャラも全然魅力的で、本当に底がしれない…
    人数が増えた分、全員の活躍を描くことは不可能だろうが、この作者特有のあっさり死ぬというのが生きる瞬間でもある
    おそらくの結末も最初からある程度予想が出来るよう提示されている
    だから、この話はどうなるのかというよりも、そこまでの経過を純粋に楽しめる
    人数増や膨大な設定といった挑戦に、突飛な展開とキャラの魅力、そしてあっさり死ぬといった、作者の得意要素が加わってシナジーを魅せてくれる
    隙がないというか、どこまで行くんだ、この寄り道話

全24件中 1 - 10件を表示

HUNTER×HUNTER 36 (ジャンプコミックス)のその他の作品

冨樫義博の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

HUNTER×HUNTER 36 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする