HUNTER×HUNTER 36 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.09
  • (49)
  • (63)
  • (28)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 1034
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088816401

作品紹介・あらすじ

クラピカ主催の念の講習中に参加者の一人が殺害された。講習を続行しつつ、暗殺者を探すクラピカ。一方、第2王子は第1王子の殺害に向かい、第13王子の部屋では異変が。不可解な事件が続く中、旅団が動き出し!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ここのレビューを見ているとそろそろ終わるのかということを気にしている人が多いっぽいが、ジンとの遭遇がああいう不意打ちで書かれた以上、冨樫はどういう形でもこのマンガを終わらせられるんだろうなという諦念にも似た思いが最近はある。おそらくもう手札はだいたい出し切っていて、その状態でキャラクターを好きに動かして、描きたいものを描きたいように描いているような状態が今なのでは。シンプルな「強さ」によるインフレは蟻編で最高潮だったし、HUNTERらしい知略とトリックで突き進む今の展開はとても緩やかに見ていられる。

    それにしても旅団である。復讐で狙われ、それによる「手足」の損壊を意にも介していなかった組織が、復讐の念に囚われているというのはとても面白い。クラピカの遭遇なく自壊しても、クラピカと遭遇してぐちゃぐちゃなことになってもきっと面白い。そう思わせるだけのマンガというのはすごいことだと思う。

  • 複数のキャラがそれぞれの考え方に沿って心理戦をしてるのが本当に面白い。
    文字が多くて重いのに面白いから読んじゃうんですよ
    それに、なんとなく少年漫画の枠を出ていない感じがするんですよね
    これはどの部分から感じてるんだろうなぁ

  • なにがなんだかよくわからなくなっている。

    キルアとゴンが全然出てくれない

  • アホなので念能力念獣のことが一発で理解できない!
    地味にネオン死んでるじゃねーかコノヤロウ。ハンターハンターは再登場を喜べないマンガというレビューはいつか書いたけど。

    新しいキャラが多すぎてこんがらがってるしクモも絡んできてるし。
    新キャラは疑り深くてビスケにマジ惚れした人と、クモの評価を下したアジア系の一瞬出てきたマフィアの人(細かい)が好きです。あとオネエ口調の人も素敵。
    イズナビさんにくっついてるテキトーな若い人もかわいいですね。
    ハンターハンターの世界にはドラゴンボールとデスノートとニシナカーナがいるらしい。嫌いになれないわ~タイソン王子。
    王妃も一癖も二癖もあっていい。ドゥアズル王妃(カミーラのお母さん)が地味に怖いんだけど。

    レオリオとバショウがどうしてるのかしらと心配。
    理想としては上の方の王子相討ち、下の方の王子助かる、なんだけども。
    カミーラどうやって倒すの?
    そしてモモゼは割にあっさり死んでましたね。テータはなんとか無事で良かった。

    緊迫した中、シマヌとオイト王妃の何気ない会話や、フウゲツカチョウの健気な頑張りが涙を誘いましたら。ルズールス以下は(サレサレ除く)生き延びてくれ。

  • きっと暗黒大陸編が最終章なんだろうな。
    やりたい事と出したいキャラを突っ込んできてる。
    週刊連載だったらこのクオリティを維持できないんじゃないかな。
    意味のある休載だったのでは。

  • 文字数かなり多いがおもしろい。ヒソカはどこにいるのか!いい意味でとても気になる。

  • コルトピとシャルナークを殺したから旅団みんながヒソカを殺したがってる
    第9ハルケンブルグの私設兵の2人はオーラ使えるのを黙っていたため稽古のあと残って話

  • 王子たちが動き始めた。ようやく区別がつくようになってきた。
    でも、旅団も出てきて、また複雑になるのか。

  • 王位継承戦は各王子の念能力や守護霊獣の力が明らかになってきてこれからが楽しみに。カミーラの念能力はカウンターして蘇生するって面白いね。能力が悟られなければ強みになりそう。守護霊獣がある条件を満たした者を操れるみたいで、それと合わせたら強制カウンター発動もできるのかな?ベンジャミンの能力も念を引き継げる上に、カミーラを覗ける能力もついているのが強い。この二人がどうやってやり合うかが興味深い。

    下層では旅団がヒソカの捜索を開始。王子が取り仕切っているマフィアたちもその話に絡んできて、登場人物がますます多くなってきた。それでも情報が整理されて、マンガとして面白く仕上げられているのは上手いの一言。上では王位継承戦、下ではマフィアの抗争に旅団とヒソカまで絡んできて、この船いつか沈みそう…としか言えない(笑) クラピカが考えていたように、下層の騒動を利用して継承戦から離脱か引っかき回すこともありえそう。ジンたちももちろん乗船しているので、そのうちに出番があるのかな。このバトルロイヤルの勝者はいったい誰になるのだろうか。

  • 頭脳戦に全然ついていけてないけど雰囲気は楽しめてる
    でも完結してから通しで読み込まないと理解出来なさそう…

    ちょいちょい出てくるジャンプ作品関連の小ネタにくすりとした
    ベテランかつ掲載紙同じじゃないと出来ない憎い演出

全48件中 1 - 10件を表示

冨樫義博の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

HUNTER×HUNTER 36 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×