ONE PIECE 91 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.88
  • (42)
  • (53)
  • (47)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1172
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088816449

作品紹介・あらすじ

ワノ国に上陸したルフィは、ある少女と出会い、物語は動き出す!! 散らばった仲間は何処に!? そしてこの国に隠された衝撃の事実とは!? 波乱必至のワノ国編本格始動!! “ひとつなぎの大秘宝"を巡る海洋冒険ロマン!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ワノ国に上陸したルフィは、ある少女と出会い、物語は動き出す!! 散らばった仲間は何処に!? そしてこの国に隠された衝撃の事実とは!? 波乱必至のワノ国編本格始動!!

    ワノ国編突入。入国の仕方がすでにワイルドだし、早速はぐれちゃったけどね。お玉ちゃんかわいい。きびだんご能力なにげに強いんじゃないだろうか。鎖国は予想ついてたけど、こんな荒れてたとは予想外。天狗さん何か重要そうだったけど、わりとあっさり過ぎちゃったな。また出てきそう、刀の話で。
    ゾロと合流が地味に嬉しい。安定の強さで安心感ある。ただ相変わらず行動がルフィ寄りなので、問題しか起こらんな。それでも一応努力はしてる感じは好きだ。
    先行してた錦えもん達とも合流、事情がだいぶ明らかになったけど、ついにタイムスリップまで登場したよ。この世界本当に何でも有りだなぁ…。

  • ワノ国編開幕。
    カイドウに支配され鎖国のワの国がどんな状況なのか、を語るいつもの展開。やっぱりここでもいつでもどこでも、ルフィたちは大人しくしてなんていられない。
    そして、明かされる錦えもんたちの真実。まさかまさかの時間移動してきたとは。
    その20年前の光月おでんに何が起きてしまったのか、は語られない。いや、語っているんだけどこちら(読者)には伝えてくれない。
    ずるいや。

    四皇カイドウ登場。タイマンなら彼、と評判の彼ですが、なんと龍そのもので襲来。
    ん?ちょっと待って。

    モモの助も、龍になるよね。あれって、SMILEなのかなと思っていたけど、カイドウがSMILE食べているわけはないと思うので、悪魔の実ってことだよね。
    同時代に同じ二つは存在しないけど、モモの助は過去の人間だから、同じ悪魔の実の効果があってもいいってことですか?
    つーか、龍って普通に強いよな。四皇恐るべし。


    人魚といい、くノ一といい、酸いも甘いも見せてくれる漫画です。サンジくんご愁傷さま。

  • 読み入ってしまう。アクションよりストーリーがある話の方が面白い。

  • ワノ国きた〜〜!
    エースを待っていたお玉が火拳銃を放ったルフィに、エースみたいだったと言ってからぎゅっとしがみつくところ可愛すぎた。
    お菊ちゃんが浦島の髷を切り落とした後のカットがカッコいい。
    ルフィの持つ刀が気になって仕方がないゾロや、ルフィと一緒になるとギャグ担当なローに笑う。

    カイドウ登場したけど、どうやって戦うんだろ。

  • ワノ国上陸。上陸直後に困った人と遭遇、助けるのはパターン化。
    過去のキャラクターを知っている人物が登場するのは、長い旅を感じさせられます。

  • ローの苦労が伝わってきました(笑)
    エースの話も出てくるし!楽しかった!

  • ワノ国上陸~カイドウ=龍発覚まで。アニメを一気見した勢いで久々の原作再読。ついでにレビュー。表紙に一味が勢ぞろい~~!!2020年2月本誌までの微ネタバレ含みます。

    ルフィとゾロが二人で行動してトラブルを起こさないわけがなかったおこぼれ町。アニメではめちゃくちゃ伸ばされてたホーキンス戦。そしてついに現れたトキトキの実の能力者。今までばらまかれてた要素が集まりだしたのめっちゃ興奮しますね!!

    扉絵連載のベラミーがちゃんとまともに生きててくれてめっちゃ泣きました。あとSBSではもう恒例となった何かあった未来と何もなかった未来のゾロ版。20年ごとに一本刀が増えてるの笑うけどどこに持つん???

  • ワノ国編が始まった。おでんがどういう風にやられたのかが気になる。そして姿をあらわすカイドウ。

  • ワノ国編が本格的にスタート。菊は何者?

  • 色々なつながり
    ついていけてないなあ

全49件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

尾田 栄一郎(おだ えいいちろう)
1975年1月1日生まれ。熊本県熊本市出身、九州東海大学中退。A型。絵を趣味としていた父親の影響から、幼少期より絵に親しんでいた。4歳の時から漫画家になることを夢見ていたという。中学時代から本格的に漫画に取り組んできた。
1997年より『週刊少年ジャンプ』で連載が開始された『ONE PIECE』の累計発行部数は国内最高の3億5000万部を突破。「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された。
1992年下期「WANTED!」で第44回手塚賞準入選(「月火水木金土」名義)。1993年「一鬼夜行」で第104回ホップ☆ステップ賞入選。2006年『ONE PIECE』で日本のメディア芸術100選マンガ部門選出、2012年には第41回日本漫画家協会賞大賞受賞。

尾田栄一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ONE PIECE 91 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×