ワールドトリガー 19 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.44
  • (33)
  • (29)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 343
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088817408

作品紹介・あらすじ

玉狛に古参の二人が帰ってきた。二人が修たちに与える影響とは!? さらに支部に住むことになった修は、ある古い写真を見つけるがそこに写る人物とは…。ランク戦第7戦開幕間近、隊員たちの思いは交錯する!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  祝! 連載再開!
     読んでいてじわじわと嬉しくなる。
     もちろん話も進化していく。
     SFとしてひとつのアイテムを作り、それを違和感なく楽しませることはむつかしい。
     しかしながら、ワールドトリガーはそのアイテムの活用形まで見せる。読者にそれを使ったらどうなるだろうと想像させてくれる。すごいなぁ。
     続きが読めることが、とても嬉しい。

  • あーー、よかった。
    ワールドトリガーの続きをちゃんと見られて、ホントに良かった。
    チカ子に対するトーマさん評とか、ユリさんから明かされる旧ボーダーの話とか、思い。

    あー、定期的に見られればそれで良いんです。
    無理しないで、でも、これからも読ませていただければぁああ

  • 頭脳戦。
    いきなりピンチな感だけどオサムがんばって。


    葦原先生、無理せずゆっくり少しずつでも連載続けてください。時間がかかっても読める幸せをかみしめています。

  • 買った!読んだ!最高だった!
    スクウェアも買った!なぜ電子版にはアンケートがないのか…!(※メイン対象層じゃないから)うしおととらに並ぶ(自分調べ)最高の少年漫画の復活。世界は素晴らしい。

    あしはら先生、良くぞ移籍を決断してくださいました。
    末永く読ませていただけますよう、ご祈念いたします。

  • 2年ぶりの新刊だが、そのブランクを全く感じさせない。とても面白い。これからは体調最優先でワートリを最後まで続けて欲しい。

  • 復活と村上くん表紙でムネアツ。
    もちろん何年かぶりにスクエアも購入。

  • 新作が読めるしあわせ! やっぱり面白い。

  • ぶっちゃけもう二度と続きは読めないかと思ってました!祝!連載再開!
    しかも復活から即単行本発売+続きがジャンプSQで40pも読めるとか雑誌買いたくないのに買うしかないよね!これでネットの感想考察もネタバレ気にしないで1ヶ月楽しめるゾ!

  • 連載再開後の話もすでに収録されてるけど引き続き面白い!
    気になってた旧ボーダーの話があったり、ランク戦もチームワークと地の利を生かした戦法が見られて楽しい。次巻でヒュースがお披露目なので期待♪

  • 設定とかがかなり複雑なのにそれを感じさせない読みやすさがあるのが不思議。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

葦原大介(あしはら だいすけ)
1981年、東京都生まれの漫画家。岡山県育ち。高校卒業後はアルバイトをしていたが、第75回手塚賞で『ROOM303』が準入選し、2008年『週刊少年ジャンプ』掲載、漫画家デビュー。2009年『賢い犬リリエンタール』で初連載。
代表作に2013年から『週刊少年ジャンプ』で連載開始した『ワールドトリガー』。2014年、アニメ化された。度々の休載を挟んでいるが、2018年、『ジャンプSQ』での連載再開が告知された。

ワールドトリガー 19 (ジャンプコミックス)のその他の作品

葦原大介の作品

ワールドトリガー 19 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする