チェンソーマン 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.08
  • (11)
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 128
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088817804

作品紹介・あらすじ

悪魔のポチタと共にデビルハンターとして借金取りにこき使われる超貧乏な少年・デンジ。ド底辺の日々は残忍な裏切りで一変する!! 悪魔をその身に宿し、悪魔を狩る、新時代ダークヒーローアクション、開幕!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジャンプなのにNarutoやワンピースと違って大きな夢を目指していない。
    日常の生活と女の人との生活に憧れる主人公ってところが意外とおもしろいかもしれない
    そんな、チェンソーマンの話です

  • 1話をTwitterで見たので。
    1話の悪魔の犬との交流が好きだったから2話からデンジの性格の悪いとこが目立ってあんまり主人公に魅力を感じなくなってしまったなぁ。2巻で印象変わるかな?

  • "「俺ぁ今日はじめてウドン食ったぜ……フランクフルトもな…
    はじめて人並みの扱いされたし はじめてメシ食わせてもらった
    俺にとっちゃ夢みてえな生活だ
    俺は軽〜い気持ちでデビルハンターなったけどよぉ
    この生活続ける為だったら死んでもいいぜ」"

    キャラたちに一癖も二癖もあって面白い。
    これからどう転がって行くのか……。
    デンジ君の言動が面白い。どれも本気で言ってるんだよなぁ……。
    早川君にはなんだかんだ優しさが見えてて良い。
    マキマさんの真意が見えないぐるぐる目も良いなぁ。
    期待に応えられそうなのが1匹って誰を指してるんだろう。

    https://www.shonenjump.com/j/rensai/chainsaw.html

  • 『チェンソーマン』も変わらずぶっ飛んでる藤本タツキさん…いやー、好きですよ、この方。「残酷」の扱い方がユニークと言うか。茶かすでもなく、バカスでもなく、でもシリアスには寄って行かない独特のセンス。勘とアドリブだけで全部描いてんじゃないか、って思わせるこの感じ、ホント独特!!就学機会が無い為に無欲、無学なのを利用され、大人にいい様にされるところからの、逆転劇にしては、悪魔と合体して特殊なデビルハンターとして…と言う、逆転劇では決してないとこが独特。ポチタとデンジは一心同体!!って余韻も抱かせないとこがユニーク。

  • 借金まみれでヤクザの使いッパとして、ドン底のその日暮らしを送っていた少年・デンジ。唯一の友達といえる存在のポチタ(犬の悪魔)を失い、その身を体に宿した時から、デンジの日常が回転し始めます。

    デンジの行動原理・生きる目標は、いい暮らしをしたいという単純なもの。世界のためにとか、復讐とかでなくて、食パンにジャム塗った朝食を食べる生活をしたい、とか。
    目下、彼の生きていく目標は「胸を揉む」。

    いいぞ、少年。ドン底から上を向くには、それぐらいチンケでしょうもないけど、男子なら誰もが通る欲望が大きなパワーになったりするものだ。
    「モテたい」の一心で、事を成した大人もおっぱい、いや間違えた、いっぱいいるんだから。

    ちゃんと仕事の対価として求めているところが、デンジは偉いと思います。

  • 悪魔が出てくるバトルモノ好き

全8件中 1 - 8件を表示

チェンソーマン 1 (ジャンプコミックス)のその他の作品

藤本タツキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

チェンソーマン 1 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする