アクタージュ act-age 6 (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : マツキ タツヤ 
  • 集英社
4.00
  • (3)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088817958

作品紹介・あらすじ

舞台特有の圧に呑まれ、思うような演技ができないまま出番を終えようとしたアキラは夜凪の突飛なアドリブに言葉を詰まらせてしまう。決められた台詞がない状況下で“正しい答え"を求め、戸惑う中夜凪はカムパネルラの役を通して、アキラの心に問いかける――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 病に倒れた演出家・巌を欠いたまま、舞台は進み続ける。
    動揺の中『銀河鉄道の夜』はどこへたどり着くのか…。
    夜凪やアキラ、他の劇団員たちの成長はもちろんですが、
    今巻のメインはやはり阿良也。彼のこれまでと、巌との絆。
    そして、天才と呼ばれる彼が見せるさらなる一歩。
    ひとりの人間の生きざまが、多くの人々に与える影響の
    大きさと激しさに、舞台・役者双方から心揺さぶられます。
    彼ら彼女らは、ここからさらに羽ばたいていくのでしょう。
    人は、逝くときはひとり。でも、その生きてきた軌跡は
    多くの人々の中に残っていくのだなぁと感じました。
    そして、そんな生き方をしたいものだと思いました。

  • 銀河鉄道の夜完結。アラヤ覚醒の話でした。そして舞台は次のステージ(学園編、ダブルキャスト編へ!)

  • 単なる役者のストーリーから一気に人間の物語になった気がする。この表現力は下を巻くしかない

  • 1巻から6巻まで一気読み。本誌で読んでるところに追い付いたかな?夜凪景ぱねえっす。すごく面白かった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

宇佐崎しろ(うさざき しろ)
1997年生まれの漫画家。Twitterを中心に活動するなか、マツキタツヤと相互フォローの関係に。マツキが『週刊少年ジャンプ』の原作志望者を対象にした新人漫画賞「ストキンPro」準キングを受賞した際、受賞作「阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ」作画者に宇佐崎を指名したことから、漫画家の道が開けた。同読切でデビュー。そして2018年からマツキと組んで連載開始した『アクタージュ act-age』で大きな評価を得る。同作は「次にくるマンガ大賞2018」コミックス部門5位、「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」3位を獲得しており、今後の更なる飛躍が確実視される。趣味・特技は万年筆集め。

アクタージュ act-age 6 (ジャンプコミックス)のその他の作品

宇佐崎しろの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする