鬼滅の刃 15 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.42
  • (18)
  • (15)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 239
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088817996

作品紹介・あらすじ

上弦の鬼・半天狗の本体を追い詰める炭治郎。しかし夜明けが近付き、鬼である禰豆子の身体に危機が!? 禰豆子の身を案じ、半天狗を倒しに行くことに躊躇する炭治郎。果たして半天狗を討てるのか!? そして禰豆子の安否は!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんだよざる蕎麦早食い競争って!???もう少し!!!!!余韻!!、!!!!!!でもこういうとこが好き!!!!!!!!!!!!!!

  • 落差が凄い無一郎(笑)そして天元さま、素敵だわ←アイパッチ好き。ねずこちゃんもよかったね~これから鬼と善逸がウザくなるけども。

  • "『だけど義勇さんに何て言ったらいいんだろう
    どんなに惨めでも恥ずかしくても生きていかなきゃならない
    本人は認めてないけど 柱になるまで義勇さんが
    どれだけ自分を叱咤して叩き上げてきたのか どれだけ苦しい思いをしてきたことか
    義勇さんのことを何も知らない俺が とやかく言えることじゃない
    だけど…だけど…どうしても一つだけ聞きたいことがある』
    「ぎ 義勇さん 義勇さんは…
    義勇さんは錆兎から託されたものを 繋いでいかないんですか?」"

    自我を取り戻すより優先すべきことはなんだろう炭治郎を人間を守ることなんだろうか。
    「何に怒ってるんですか?」ってあんなのほほんとした表情で聞ける炭治郎ほんと……6巻の時もそうだったけどほんと、素直にそれを問えるのはズレているというかなんというか。
    でもそういう真っ直ぐさがあるから、炭治郎は次々と柱と仲良く(?)なっていけるのかなぁと思わないでもない。
    痣の発現者に対する条件や、カナエさんを殺した鬼についての話、珠世さんの決断など次巻が楽しみ。

  • ね・禰豆子〜!可愛い(可愛い)
    やっぱ特訓編になると好きなキャラが登場するので楽しいな。何回も吹き出したw

  • 禰豆子がホント可愛くて良かった....

  • ねづこ…無事だったぁ〜

  • 上弦の鬼・半天狗の本体を追い詰める炭治郎。しかし夜明けが近付き、鬼である禰豆子の身体に危機が!? 禰豆子の身を案じ、半天狗を倒しに行くことに躊躇する炭治郎。果たして半天狗を討てるのか!? そして禰豆子の安否は!?(Amazon紹介より)

  • とても長かった半天狗との戦いも遂に終盤。ここまで厄介でしぶとくて強い敵なんてそうそう居ないだろうと思うけど、以前にも妓夫太郎なんて同じくらい厄介な敵が居たことを考えると、これからも炭治郎はこのレベルの鬼と戦っていくことになるのだろうね
    ならば、その戦いの中で新しい力に目覚め更に強くなるのは必須事項となるわけで。
    逃げる半天狗を追い詰めるために少しだけ雷の呼吸を使った炭治郎。意外な技を身につけたね

    意外と言えば禰豆子に訪れた変化。あのような特性はヴァンパイアモノなら幾らでも見た代物だけど、まさか鬼をテーマとする作品で見ることになるとは思わなんだ
    そうか、鬼舞辻はこの特性はずっと探していたのか。ということはこれから鬼舞辻は禰豆子を本格的に狙ってくることになるのか
    炭治郎が受け継いだ日の呼吸といい、この兄妹は山の中という文化の僻地で育った割に、鬼との戦いの世界では中心と言っていい程の場所に居続けるね


    そして戦いが終わり、状況の整理が始まるのだけど……
    炭治郎だけでなく蜜璃と無一郎にも痣が表れていたんだっけ。戦闘中はこれでもかと濃密に様々な展開が入り乱れていたからあまり印象に残っていなかったな
    どうやらそれがあれば鬼舞辻を追い詰めることができるのかな?
    鬼舞辻は禰豆子を狙い全力攻勢をかけてくることが予想される。対して鬼殺隊は鬼舞辻に抗する能力を手に入れた
    これからの展開は面白くなりそうだ

    ……というタイミングで修行回が入ってくるとは予想外だったけど
    まあ、柱の皆さんってこれまで何度か登場しつつもどういう性格か、人間関係なのかという部分はあまり描かれてこなかったから此処で小休止的展開を挟みつつ、改めて柱がどのような集団なのか説明するのは良いのかもね

    特に第一話から登場しつつその人となりについてはあまり描かれてこなかった冨岡の事情が描かれたのは印象的
    そうか、最終選別を「生き延びただけ」という認識がある冨岡は選別を通ったとも思ってないし、自分を柱に相応しい人間とも思っていなかったのか
    何とも意外な背景。というかここで錆兎の名前が出るとは思わなかった

    錆兎に助けられた自分は生き残ったのに錆兎は死んでしまった。これは凄まじい悔恨だろうけど、偶然にも炭治郎は同じような悔恨を抱いている。だからこそ冨岡に言える言葉がある。聞ける言葉がある。
    冨岡の抱えている悔恨が表面化してから、あっという間に解決したように見えるけれど、まあ鬼殺隊として活躍する中では小さな悩みだよねとは思ってしまう。そもそも水柱に就任できるまで鍛錬を積んだのは間違いなく冨岡の努力による結果だからなぁ

    そんなことがありつつも炭治郎は様々な修行をこなしていくのだけど……
    常に涙を流すというインパクトある見た目の悲鳴嶼。そんな人物の修行はやっぱりインパクトあるものでした

  • 本当におもしろい。

  • 泣ける。この漫画はいいセリフがけっこう出てくる。

全14件中 1 - 10件を表示

鬼滅の刃 15 (ジャンプコミックス)のその他の作品

吾峠呼世晴の作品

鬼滅の刃 15 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする