ワンパンマン 19 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.83
  • (10)
  • (30)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 440
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088818139

作品紹介・あらすじ

ガロウを慕う少年・タレオを怪人協会が拉致。その頃、サイタマの部屋では、ジェノスらが騒がしく鍋を囲み…。ガロウは単身、怪人協会に乗り込むが? 一方、ヒーロー協会では、ワガンマ救出作戦が進行し!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ガロウが主役だなぁ。

  • すげぇ、本体表紙もカラーだ。
    この漫画の場合、強さは最初からインフレしてるんだけどそれにしても、いまいちそれぞれの強さみたいなのが比較できなくなってきたな。

  • ガロウがここまで凄いとは…。リミッターが外れるのだろうか?それにしても、ヒーロー協会はどうしてこうイケてないのだろう。早くストーリー…。

  • 引っ張るサイタマ

  • 白菜とマンホール、タイトルが意外と良い事に今気づいた

  • ガロウを慕う少年・タレオを怪人協会が拉致。その頃、サイタマの部屋では、ジェノスらが騒がしく鍋を囲み…。ガロウは単身、怪人協会に乗り込むが? 一方、ヒーロー協会では、ワガンマ救出作戦が進行し!?(Amazon紹介より)

  • サイタマ宅の鍋シーンから始まる19巻。表紙を多色刷りにして、カバーと連携させるとは、相当儲かってますな。本編ではサイタマと怪人協会との接点が少ないまま話が進む。スポンサーのドラ息子を救出するヒーロー協会も準備段階。この巻はガロウの進化にフォーカスされているようだ。

  • サイタマの出番が少なすぎて誰が主人公か分からなくなってきてしまっている…。

  • 「育ちすぎたポチ」ネーミングが可愛い。電子版はカバーのイラスト繋げられないなーと思ってたら最終ページで繋げてくれる配慮、ありがたいですね。

  • 最近サイタマよりガロウのほうが主人公っぽい笑

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978年、熊本県生まれ。2002年、「週刊少年ジャンプ」で『アイシールド21』(原作/稲垣理一郎)の作画担当として連載デビュー。その後、『ヘタッピマ漫画研究所R』などを経て、2016年12月現在は「となりのヤングジャンプ」で『ワンパンマン』(原作/ONE)を連載中。

「2016年 『マンガ家 夜食研究所』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村田雄介の作品

ワンパンマン 19 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×