SPY×FAMILY 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.57
  • (22)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 193
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088820118

作品紹介・あらすじ

Twitterでの試し読みが大反響!2019年7月4日に1巻が発売後、即重版!読むならぜひ、1巻目から!

名門校潜入のために「家族」を作れと命じられた凄腕スパイの〈黄昏〉。だが、彼が出会った“娘"は心を読む超能力者! “妻"は暗殺者で!? 互いに正体を隠した仮初め家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 凄くいいです!
    パパ、ママ、ムスメみんなキャラが濃くて可愛くてかっこいいです♪
    エスパーやらスパイやら殺し屋というワードは不穏なのに、基本ほのぼのしているのがまた良い。

  • スパイとの父と…秘密のある娘と母と。
    三人それぞれ秘密があるのにうまく立ち回っているのが面白い。事情があって一緒になった三人の背景は物騒だけど、ほっこり笑えてしまうのが逆に良い。

    試読で読んで面白かったので購入。
    バランスがよいね。

  • 表紙買いですがこれは当たり!疑似家族ものでとりあえず娘がかわいくてははとちちの掛け合いのテンポもよく、次巻も見守っていきたいです。

    表紙買いが当たった時は本当にうれしい。初めての作家さんですが、ほかの作品も読んでみたいです。

  • 書店にて初めましてな出会いで購入。
    スパイものに合ったスマートな絵でした。JUMP作品でも、女性も手に取りやすいのでは?コメディを押し付け過ぎないとこも◎。
    訳あり擬似家族というと、父子関係がメインで描かれた作品は多いけど、今回はそこに、更に訳ありな母が入ってくることで、互いの秘密がどうバレるのかも気になるところ。やはりカギはアーニャちゃんでしょ。
    寮長さんの、「エレガント通り越して、なんか怖い!」に笑った。

  • 購入。

    待ってました!コミック化!(笑)ジャンプ+でも読んでるけど、応援したくて買いました!
    子どもがエスパーって設定は今までなかった気がする。続きも楽しみにしてます。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

遠藤達哉(えんどう たつや)
漫画家。2000年、第5回ストーリーキングにて「西部遊戯」で漫画部門準キング受賞、同作が『赤マルジャンプ』2000年SPRINGに掲載されデビュー。2007年、『ジャンプSQ』にて『TISTA』を初連載。2010年、『ジャンプSQ』に元々読み切り作だった「月華美刃」を連載。
2019年、『少年ジャンプ+』で「SPY×FAMILY」を連載開始し、人気を集めている。2019年7月4日、『SPY×FAMILY』単行本1巻を刊行。このタイミングでTwitterで投稿された試し読みがバズり、大反響。発売即大重版となった。

SPY×FAMILY 1 (ジャンプコミックス)のその他の作品

遠藤達哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

SPY×FAMILY 1 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする