ONE PIECE 94 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.05
  • (44)
  • (50)
  • (25)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1186
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088820545

作品紹介・あらすじ

康イエの処刑により、討ち入り計画が白紙に戻される中、人工悪魔の実(SMILE)の真実を知りゾロ達の怒りは頂点に達する!! 一方、囚人採掘場のルフィ達に更なる脅威が…!? “ひとつなぎの大秘宝"を巡る海洋冒険ロマン!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 康イエの処刑により、討ち入り計画が白紙に戻される中、人工悪魔の実の真実を知りゾロ達の怒りは頂点に達する!! 一方、囚人採掘場のルフィ達に更なる脅威が…!? “ひとつなぎの大秘宝”を巡る海洋冒険ロマン!!(Amazon紹介より)

  • 尾田栄一郎『ONE PIECE 94』(集英社、2019年)はワノ国編の続き。康イエの処刑後の人々の反応から人造悪魔の実SMILEの名前の由来が明らかになる。不幸な人間をあざ笑う悪魔の所業と言うべき腹立たしい内容であった。その説明でシーザーやドフラミンゴが登場する。過去の敵キャラの悪事を忘れない。昨日の敵は今日の友としない。安直なエンタメ作品とは一線を画している。

    日本社会には問題を指摘するよりも、明るく前向きに生きることを持て囃す傾向がある。焼け野原から経済大国にするような前に進むことしかできない発想である。それは不都合な事実を隠したい側に都合が良い。人々が搾取されても虐げられても、ヘラヘラ笑っていてくれた方が腐敗した権力者には心地よい。その醜さを描いている。

    ワノ国は日本をモデルとしており、日本の伝統文化趣味を反映させているが、日本社会の悪いところも突いている。日本を美化して自画自賛するだけのクールジャパンではない。日本社会の体質にはうんざりさせられるが、本作品が人気ナンバーワンの漫画になっていることは救いである。

    SMILEの話はパンクハザード編が発端であるが、パンクハザード編は依存性薬物(ドラッグ)の恐ろしさを描いていた。第94巻ではルフィが囚人採掘場で戦う。ここの敵も人体に有害な薬物を武器にする。薬物をもてあそぶ敵の醜さを描いている。

    トラファルガー・ローが船長を務めるハートの海賊団が窮地に陥る。討ち入り計画は仲間や武器が着々と揃いつつあるが、これが不安材料になりそうである。どうしても主人公グループ中心で物語が描かれるが、ハートの海賊団にも船長とメンバーの絆の重みがある。主人公達を助けるだけの都合の良い存在にしていない。

  • 第3幕へ。

  • ワンピースを狙っているはずの、四皇と呼ばれる人たちが、自分の領土を持って旅をしていないって辺りから、国取もしくは、ロードポーネグリフ争奪戦にこのままもつれ込んでいくのでは?と思われるが。そうなると話が長引くので、200巻ぐらいまで行きそうな勢いだなぁ。

  • アラバスタ的感動再来です。ワンピースのこうゆうの、ほんとやられるんだよー。

  • ゾロ十郎とサン五郎(キャーーーーっっ/からのまゆ五郎とモ十郎(お決まり)/狂死郎はいったい…/いけーお前ら‼︎やっちまえーーー‼︎/まさかのキラー登場/さらに貴女もですか…/がしゃどくろさんもですね/まゆ五郎の美女レーダーだがしかし…/ゾロ十郎さん!ごめんなさいっ‼︎(ギュッ/お菊ちゃんのほっかむり(べん!/優しさ〜〜‼︎?/それいけ!クイーン様 の巻/ちょー的確指示に惚れ惚れ←必死/河松さーーん‼︎からの…ゲロロ…バシャーン‼︎/ル゛フィ゛〜〜〜/スナッチ/木とイヌは仲良し(ジジイ)/ローちゃん(泣)/いや人相書w/なんか取り憑いちゃったすごい顔の2人/鬼ヶ島脱出大作戦の巻/オニ丸ちゃんはどこ行っちゃうの(泣)
    今回も盛りだくさん!ゾロ十郎さん好きでありんす

  • あたしも、つるってゆーんだ。つるちゃん。
    一番面白かった
    NANA読んでんだ(笑)

    牛鬼丸は弁慶モデルだから絶対味方だと思ってたけどそういう繋がり…!ってなった
    良き良き

  • 図書館で。
     字が小さくて読みづらくなってきた。。
    安定の面白さ。

  • カイドウ、ビッグ・マムが同盟!

  • 前巻から10ヵ月読めてなかったってどんだけ!?

    少しずつ進んではいるのかな?
    役者もちょびちょび明かされ加わりそろいつつあるが、まだ主だった作戦には遠く、仲間集めと言ったところか。
    ルフィの突っ走りはいつものことだが、納得させる何かがいつもあって、首を横に降るには躊躇う説得力なのかな。
    無茶を承知で(本人はそうは思ってないようだが)命をかけてしまうのは、現実世界ではないから受け入れてしまっているけれど。
    毎度、危険を犯し過ぎだと思う。

    サンジのお株を奪うようなゾロと日和のやりとりに打ち砕かれそうなサンジの形相…確かに今までじゃ考えられなかったけど。
    普段、己の道を刀と共にあった人が不意に女性を守ってくれたりしたら、頼りたくなるし素敵に見えるのよ!
    無意識って怖いね(笑)
    そんな刀に関して進展がありそうってことは、ゾロについて何かあるのかな?

    『SMILE』についても、想定以上の残酷な真実に、それを生み出し取引し受け入れざるを得なかった人達のことを思うと、悪党どもの罪は重い。
    一生抱えていかなければいけない現実なわけで、ワノ国も闇の深い場所だったということだ。

    でも、この国で成そうとしている先にカイドウでしょ?…記憶を取り戻したビッグ・マムのおまけ付きでどうまとめるのかね。

    お菊がまさかの男の娘でビックリした!

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

尾田 栄一郎(おだ えいいちろう)
1975年1月1日生まれ。熊本県熊本市出身、九州東海大学中退。A型。絵を趣味としていた父親の影響から、幼少期より絵に親しんでいた。4歳の時から漫画家になることを夢見ていたという。中学時代から本格的に漫画に取り組んできた。
1997年より『週刊少年ジャンプ』で連載が開始された『ONE PIECE』の累計発行部数は国内最高の3億5000万部を突破。「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された。
1992年下期「WANTED!」で第44回手塚賞準入選(「月火水木金土」名義)。1993年「一鬼夜行」で第104回ホップ☆ステップ賞入選。2006年『ONE PIECE』で日本のメディア芸術100選マンガ部門選出、2012年には第41回日本漫画家協会賞大賞受賞。

尾田栄一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ONE PIECE 94 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×