鬼滅の刃 17 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.51
  • (30)
  • (17)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 345
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088820804

作品紹介・あらすじ

無惨を討つため無限城に突入した鬼殺隊。上絃の弐・童磨と激闘を繰り広げるしのぶは、毒が効かない童磨に対し苦戦を強いられる。果たして姉の仇を討つことができるのか…!? 一方で、善逸の前にも鬼が立ちはだかり――!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 盛りだくさん…!で、あと何回か読まないと消化できなさそう。

    カナヲのその後がすごく気になるし、善逸がとてもカッコいいし悲しいしかわいいしで心が忙しい。いつかアニメで動くのを見られたらいいなぁ。村田さんたちもどうか無事でいて…。

    炭次郎の、ひどく怒っているのに、それでも話しかける時は悲しい顔をするところがとても好きです。次巻が待ち遠しい…!

  • 内容濃かったなー。

  • 善逸と元兄弟子との戦いがカッコよかった

  • どんどん面白くなっていく

  • めちゃめちゃ泣いた。いや、泣かない巻がないんだけども。

    善逸、そういうとこやぞってめちゃめちゃ泣いた。この巻に関しては彼が優勝だと思ってる。

    普段は大声で泣いて仲間に助けを求める彼が、どんな思いで手紙を受け取って、覚悟を決め、たった一人で乗り込んで兄弟子を斬ったのか、考えるだけでつらい。

    多分だけど、善逸って「死」について、怖いけど受け入れてる節がある。じゃなきゃ兄弟子を斬りに独自の型を生み出して戦いを挑んで、「一緒に戦いたかった」なんて言葉が出るだろうか。本当に死が怖いならきっと「あいつは許せないけど、俺じゃ勝てないよな」って炭治郎と一緒に行動するはず。
    あの台詞は、戦いに勝ったから出た言葉じゃなくて、負けても同じことを言ったと思うんだよなあ。ううん、何なんだそのすべてを受け入れた行動と態度は。

    ほんとに16歳か?


    羽織が破れて、隊服の「滅」の文字が見える必殺技のコマ、彼が戦いに関してちゃんと目を背けずに相対し、この兄弟子との戦いが彼の鬼殺隊士としての〈本当の覚醒〉や〈はじまり〉を意味してるような気がしてならない(深読みしすぎかもしれないが)。

    主人公がもちろん主体だから、戦いのページこそ少ないけれど、読み取れるものがありすぎて泣いた。マジで。

    もうみんなで海外旅行とか言ってくれ。
    じゃないと読者の心が死ぬ。

  • 凄い勢いで話が進んでいく。
    駆け足過ぎて置いてけぼり…とかじゃなくて「飛ばすぜ!振り落とされんなよ!」とケツに乗せて運んでくれてる感があってだいぶ楽しい。

    しのぶのお姉さん(霊)の「泣くのは許しません」からの下りでウワーーてなってしまった。

  • 前巻から怒涛の展開。
    過去エピソードが挟まれたりと情報量が多くて何度も読み返してしまいます。

  • 表紙は今巻まったく出番がない不死川さんです。彼は好きだけど見せ場的に他のキャラでもよかった気がする、義勇とか。

    内容はしのぶVS童磨の決着と善逸の兄弟子との因縁がらみ、猗窩座戦。
    相変わらず戦闘シーンは緊迫感あって面白いが不満点も。
    前巻でも思ったのだが、行冥の過去に関する重要人物のさよだけが知る真実の告白など、本編に織り交ぜて描かず単行本のおまけの裏話としてチラッと小出しにするのが凄く惜しいもどかしい。

    獪岳に至っては善逸を覚醒させるためだけに登場した出オチの噛ませで、ほぼ内面の掘り下げがない。
    何故彼がああなるに至ったかはチラリと書かれているが、正直説得力が薄い。
    全ての敵や悪役に不幸で可哀想な過去がなきゃいけない訳じゃないし、それは別にいいのだが、実力も他の上弦と比べて格段に落ちるし、彼の役回りが善逸の覚醒のみを前提にしてるのがちょっと腑に落ちない。

    「幸せを入れる箱に穴があいてる」など表現は秀逸で、思い当たる読者も多そうだ。
    今巻でスポットライトがあたる猗窩座をはじめ、十二鬼月の敵キャラが壮絶な過去を抱えているのに比して、存在感が薄かったのが残念。
    せっかく行冥の過去と跨るキャラなのだから、裏話でサラッとネタバレせず、エピソードを掘り下げてドラマを膨らませてほしかった。
    行冥と獪岳が再会した時の反応も見たかった……敵と面白そうな接点があっても直接対決なく終了しがちで、肩透かしな感が否めない。
    各キャラの因縁の敵が他のキャラの仇でもあったりと、過去がリンクしてるのは他であまり見かけない面白い趣向。考えてみれば雑魚は隊士に狩られるし、生き延びている個体数を考えれば、親族の仇がだぶるのも道理。

  • 特典でしのぶちゃん入ってた話する?

    さておき、つらいけども最悪の形では終わらないだろうって気持ちもあって(だってジャンプだ)、けどジャンプのお約束を破ることに躊躇いなさそうだなって……(意訳:はよ続き読ませてください)

  • 眠らなければ恐怖を克服できなかった善逸が激しい怒りと責任感で身体を突き動かし戦う姿、とてもかっこいいがとても悲しいね。

    炭治郎もすごく怒っている、怒りの中で冷静に父の教えを咀嚼し、次の一手を狙っている。
    義勇はやっぱり強くてかっこいい、炭治郎との共闘にワクワクする。それを上回るアカザの戦闘力……

    そしてカナヲもきっとはちゃめちゃに怒っている。
    しのぶさん……

全25件中 1 - 10件を表示

鬼滅の刃 17 (ジャンプコミックス)のその他の作品

吾峠呼世晴の作品

鬼滅の刃 17 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする