血界戦線 Back 2 Back 7 ―災蠱競売篇/壱― (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.33
  • (8)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 141
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088821511

作品紹介・あらすじ

紐育(ニューヨーク)崩壊後、構築された都市(ヘルサレムズ・ロット)。異界と現世の交わるこの魔都に、世界の均衡を保つ為に暗躍する秘密結社ライブラが存在した!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回はストーリーがシンプルで展開がわかりやすいから、キャラや技のカッコよさに集中できて良い。

  • タイクーンブラザーズ、イケメンすぎ。

  • いつも世界存亡レベルの厄災に見舞われているが、今回は特にヤバそう。たぶん初っ端でライブラの出鼻がくじかれたことが、そう思わせてるんだろうな。

  • あれやこれやといろんなひとが出てきてドキドキ感がハンパない。次巻が待ち遠しい

  • なんか色々、出揃ってんなー。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

内藤 泰弘(ないとう やすひろ、ローマ字表記:Yasuhiro Nightow、1967年4月8日 - )は、日本の漫画家。神奈川県横浜市出身。法政大学社会学部卒業。トイトライブ主催の一人。代表作に『トライガン』など。
幼いころより漫画に触れ、絵を描いていた。学生時代は同人活動も行っていた。大学卒業後、住宅会社で営業を3年あまり経験した後、専業作家となる。1994年3月、集英社『スーパージャンプ』に掲載された「CALL XXXX」でデビュー。徳間書店『ファミリーコンピュータMagazine』でゲーム『サムライスピリッツ』の漫画化作品を連載。1995年から『トライガン』を徳間書店『少年キャプテン』で連載開始。同作品は1997年1月の『キャプテン』の廃刊によって中断したものの、同年10月に掲載誌を少年画報社『ヤングキングアワーズ』に移し、『トライガン・マキシマム』として連載を再開。2007年に10年に及ぶ連載を終結した。2009年には『トライガン・マキシマム』で星雲賞を受賞。

内藤泰弘の作品

血界戦線 Back 2 Back 7 ―災蠱競売篇/壱― (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする