ハイキュー!! 41 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.40
  • (24)
  • (11)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 314
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088821771

作品紹介・あらすじ

最も過酷な春高3日目第2戦、運命の最終セット!! 烏野に第2セットを奪われても、強靭な精神で揺るがない鴎台のブロック! 日向は壁を越える術を探し続ける──小さな身体でもがき、挑み続けたその先に…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハイキュー!!41(ジャンプコミックス)
    著作者:古舘春一
    集英社
    タイムライン
    https://booklog.jp/timeline/users/collabo39698

  • ここまでまさに集大成という試合展開で、烏野が終わることを実感してる。
    最後余りにも残酷だと思ったけど、日向はこれからも小さいと言われる体で闘い続ける、糧にできる、影山にだって勝つ日が必ずくる。

  • なんか、本当に、息つく暇がない展開。
    いろんな意味で苦しい。

  • この試合もどうせ勝つんだろうなって思ってたら、まさかの日向が…
    やっと夢の舞台に立てたのに体調不良で途中退場は辛い。
    次巻で試合の結果がわかるくらいかな

  • SLAMDUNK 30巻を思い出しました。

  • 〝絶対にひとりじゃ勝てない〟
    またまた小さき選手たちが大活躍。
    特に日向の自他共に〝最強の囮〟としての活躍がすごい。
    バレー=高さが強さに比例するスポーツの中で小さな選手たちが技術、知恵、スピード様々なワザで挑むこともすごいけど日向の高さへの貪欲さが現れた巻だったかなと。
    小さな選手たちが何よりすごいのは自分ひとりで点をとれないことをいち早く理解していることですね〜
    日向が活躍する中での途中棄権には驚きでしか…
    驚きの中で冷静に監督、先生として日向を諭す武田先生の言葉はめちゃくちゃ滲みました。
    他人よりも小さい日向だからこそ〝君こそはいつも万全でチャンスの最前列に〟

  • すっっごくよかった…よかった…けど…!!!次巻が待たれる!!!

  • 面白かった

  • ハイキュー‼︎41巻の感想記事へのリンクです。
    https://yuri-hyky-dia-issho.blog.ss-blog.jp/2020-01-07

  • 日向「誰かがおれに名前をつけてくれるなら おれは 最強の囮がいい」

    月島(ハアー…足バキバキ… 体力とか精神力とか 点数のつけられないものに勝ち負けつけるなんてバカバカしい 日向に負けてたまるか)

    武田先生「君こそは いつも万全で チャンスの最前列にいなさい」

全19件中 1 - 10件を表示

古舘春一の作品

ハイキュー!! 41 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする