鬼滅の刃 19 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.41
  • (39)
  • (29)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 553
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088822044

作品紹介・あらすじ

カナヲと伊之助 対 上弦の弐・童磨の戦いは極限へ――!! 身内を殺した鬼を前にして怒りに震える二人だが、強力な血鬼術の数々に押され悪戦苦闘する。近づくこともできぬ劣勢を覆し、二人は仇討ちを遂げられるのか…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 〉なんて優しい人なんだろう
    〉なんて尊い人なの
    〉守りたかった
    〉命を懸けて守りたかった
    〉一緒に家に帰りたかった

    ──花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼


    鬼滅の刃は面白い。人気が出るのも納得の傑作です。
    まず必殺技がかっこいい。めちゃくちゃかっこいい。
    鬼殺隊員が皆、鬼に人生を狂わされた人間で鬼と戦う個別の理由が用意されているので、闘いの全てがドラマティックなところも良い。
    バトルでは敵も味方もがんがん退場していくのも間延びしない緊張感がある。これだけ人気が出たジャンプ漫画で16巻で最終局面突入、19巻時点で敵ナンバー2と闘っていて、展開早いなと。

    もうちょっとだけ続くんじゃよ、にならないことを願う。

    • もんもんさん
      上限の1との戦い柱たちは勝てるのかなあ?
      上限の1との戦い柱たちは勝てるのかなあ?
      2020/02/12
    • palebluedotさん
      もんもんさん、こんにちは。
      上弦の壱はすごくつよそうですから、強い柱たちとはいえ、かんたんには勝てそうにないですね。
      次の20巻でどうやって...
      もんもんさん、こんにちは。
      上弦の壱はすごくつよそうですから、強い柱たちとはいえ、かんたんには勝てそうにないですね。
      次の20巻でどうやって戦うか、楽しみですね。
      2020/02/12
  • とりあえず、発売直後に店頭から消えるという衝撃。翌日に買いに行ったら、もうどこにもなかった。仕方なく、不本意ながらネットでゲット。さすがに今の時代、入荷するまで書店に足繁く通う、ってのは待ってられない。
    そんなとんでもない熱狂の渦の中、物語自体は納得の安定感。鬼も柱も勢揃いで、いよいよクライマックスへ向けてまっしぐら、って感じか。意外にあっけなくやられた感のあった毒の柱、やっぱりただでは転ばない訳ですね。そのあたりの気配りもお見事。依然、面白し。

    • もんもんさん
      姫島さん最後何を使おうとしていたのでしょう?
      姫島さん最後何を使おうとしていたのでしょう?
      2020/02/12
  • 上弦の弐に対して柱でもない伊之助とカナヲがどこまで戦えるのかと不安だったのだけど、なるほどとんでもない仕掛けがあったのか……
    倒されても柱は柱ということね

    ここで驚かされたのはしのぶによる仕掛けもそうだけど、カナヲがしのぶの覚悟を事前に知っていた事か
    回想でしのぶは一緒に戦えば上弦の弐を倒せるのではないかというカナヲの考え方を叱って正す。カナヲが反論したのは甘えた考え方をしているからではなくて、姉であるしのぶを失いたくないから。しのぶの死を前提とした戦い方をすぐに受け入れられない
    勿論、姉を殺された怒りを抱えて戦ってきたしのぶにそれが判らないはず無いのだけど、上弦の鬼を倒すためにはそういった「甘え」は完全に捨て去らなければならないということか

    姉の甘えなき覚悟を見せつけられたからカナヲも失明の危険がある技を躊躇なく使う
    カナエからの情報、しのぶの犠牲、カナヲの覚悟、伊之助の仇討ち。それらが結集して童磨を打ち倒す流れは美しいね
    ただ、それだけの犠牲を払っての勝利でもあるわけだけど……


    無限城での戦いは方々に散っているから場面は何度も移り変わる。対童磨の後は新たな上弦の肆と蜜璃達の戦いが描かれるのだけど……
    攻撃そのものは厳しいものでないからか、ギャグ描写がかなり入っていたね(笑)
    厳しい戦いの中でのちょっとした息抜きになった気がするよ

    そして始まるのは上弦の壱、継国との戦い。彼は見た目からしてヤバさがビンビンに伝わってくる敵だったけど、その強さは上弦の壱という立ち位置に相応しいもののよう
    柱が何人も集まってもまともに攻撃が入らないってどういうことなの……

    その中で明らかになっていくのは不死川兄弟の絆。
    実弥の家族を想う気持ちが玄弥に伝わり、兄の真意に玄弥が涙し謝る展開は王道的展開だからこそ良いなぁ
    そうして実弥は弟を守る兄となり継国に立ち向かっていくのだけど……
    それでも全く敵いそうにないとは……

    行冥もここに来て切り札を解放。
    上弦の壱を倒しても上弦よりも強い無惨が控えているのかと思うと鬼殺隊が鬼を全滅させる未来なんて果たして存在しているのかと思ってしまうね

  • 猪之助! 
    カナヲ!
    しのぶ‼️

    • もんもんさん
      かなおの片方の目が見えなくなったのが残念ですね
      かなおの片方の目が見えなくなったのが残念ですね
      2020/02/12
    • ロカさん
      でも、生きているよ(T . T)
      でも、生きているよ(T . T)
      2020/02/12
  • いやぁ、今回もおもろかったー
    ダラダラ長い人気漫画とかあるけど
    これは人気なのにテンポが早い
    気持ちいい
    好きだわー

  • いよいよ上弦の壱……

    しのぶさん……

    出し惜しみはなし。
    不死川兄弟……。

    うう

    • もんもんさん
      しなずがわさねみさんがげんやくんを
      弟と読んで

      良かったです
      しなずがわさねみさんがげんやくんを
      弟と読んで

      良かったです
      2020/02/12
  • シリーズ累計4000万部突破
    カナヲと伊之助 対 上弦の弐・童磨の戦いは極限へー。二人は仇討ちを遂げられるのか…!?

  • 19巻です。
    不死川兄弟の兄弟愛に感動しました。

  • カナヲちゃんに泣けました。

  • 命が軽くない。良き。

全27件中 1 - 10件を表示

吾峠呼世晴の作品

鬼滅の刃 19 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする