アクタージュ act-age 10 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.40
  • (12)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 288
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088822051

作品紹介・あらすじ

「羅刹女」の公演まで残り数日。稽古は佳境に入り、出演者はそれぞれの思惑を胸に抱いて、迫り来る本番に思いを巡らせる。そんな中、サイド甲の演出家・山野上は夜凪が羅刹女を演じる上で、真に力を発揮させるためのある仕掛けを用意していると王賀美たちに告げる――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジャンプ本誌読んでたら面白かったので一気読み
    ジャンプで女優ものって珍しいなと思ったけど(モデルの漫画とかもありますけど)
    演じることを通して主人公の成長が感じられるし熱血スポコンみがあるので王道かもしれない

    ひとつのエピソードに対するウェイトが重めなので、またまとめて読みたいな…一気読みが楽しい漫画だと思うけど週間小出しでちょっとでも読めるのも楽しくもあり…でもめちゃめちゃおもしろかったので長く続いてほしい

  • 今巻はすごい!

  • いよいよ「羅刹女」の舞台が始まり、緊張感の続く展開に引き込まれる。
    景ちゃんの心が心配…。

  • 芝居が開演するとそれまでのストーリーで溜め込まれていたものが一気に解放されるカタルシスがある。主人公たちの芝居に周りが反応するありきたりな構成でもここまで引き込まれるのはすごい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

宇佐崎しろ(うさざき しろ)
1997年生まれの漫画家。Twitterを中心に活動するなか、マツキタツヤと相互フォローの関係に。マツキが『週刊少年ジャンプ』の原作志望者を対象にした新人漫画賞「ストキンPro」準キングを受賞した際、受賞作「阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ」作画者に宇佐崎を指名したことから、漫画家の道が開けた。同読切でデビュー。そして2018年からマツキと組んで連載開始した『アクタージュ act-age』で大きな評価を得る。同作は「次にくるマンガ大賞2018」コミックス部門5位、「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」3位を獲得しており、今後の更なる飛躍が確実視される。趣味・特技は万年筆集め。

宇佐崎しろの作品

アクタージュ act-age 10 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×