SPY×FAMILY 4 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2020年5月13日発売)
4.33
  • (274)
  • (202)
  • (73)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 5902
感想 : 114
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088822297

作品紹介・あらすじ

爆弾犬を使っての西国大臣暗殺計画が判明! アーニャの飼う犬を求め家族で出かけたはずが、黄昏は、テロを止める緊急作戦に加わる事に…!! 一方アーニャは、何故かフォージャー家を知る不思議な犬と出会い――!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 未来が見える犬がフォージャー家の家族に。
    ボンド可愛い。
    今回もアーニャ大活躍!!

  • 7冊目『SPY×FAMILY 4』(遠藤達哉 著、2020年5月、集英社)
    一巻丸ごといぬさんについてのエピソード。コメディ要素は少なめで、他の巻に比べると比較的シリアス。
    ファミリー向けの漫画だと思っていたのだが、いざ読んでみるとなかなか血なまぐさいというか、わりとポリティカルな内容でちょっと驚く。
    管理官には色々と事情がありそう。この人何歳なんだ?

    〈大学では「戦争」を 習わなかったようだな ボウヤたち?〉

  • 「おまえら 人を殺したことはあるか?
     誰かに殺されたことは?
     砲撃で手足がちぎれたことは?
     骨が砕かれる音を聞いたことは?
     目の前で親兄弟が崩れた家につぶされていくのを見たことは?
     恋人の肉片が壁にへばりついているのを見たことは?
     飢えに飢えて木の皮にまでかじりついたことは?
     ヒトの肉を鍋で煮たことは?」
     「大学では『戦争』を習わなかったようだなボウヤたち?」(MISSION:20)


    スパイの父、殺し屋の母、テレパス(サトリ)の娘、の3人がニセの家族として本物の家族になっていくお話。
    今回はアーニャの星獲得ご褒美に飼う、犬を探すお話。

    ジャンプ+で変顔人気投票を実施するほど表情豊かなアーニャがとにかくかわいい。
    そしてシリアス・コメディのバランスを始め、マンガとしての完成度が高い。名作です。

    平和な時代に戦争を起こそうとするのは、戦争を知らないような人間ですね。歴史を学ぶこと大切。

  • 新たな仲間が登場。そして家族が増えました!

    いや〜今回もアーニャが頑張りましたね!


    ぜひ〜

  • アーニャとボンドの巻

  • またも、訳ありの家族が増えました。
    おっきな犬が大好きなので、今回は始終ほっこりさせられました。
    白くて大きくておおらかなワンコ。
    最高です。

    しかも、この子はアーニャと絡むことでとんでもない能力を発揮します。
    未来予知のできるワンコだけでもすごいのに、そのワンコの心が読めるアーニャが付くことで、ロイドの危機も未然に防止できてしまう。
    アーニャとワンコの組み合わせが最強すぎます。

    結局、なかよし作戦にはあんまり関係なくてわらいました。

    今回は比較的にシリアスなストーリー展開でしたね。
    ヨルさんの身体能力は、アーニャやワンコの能力以上にありえないですけど…。一人で戦車すら蹂躙しそう。

  • ともかくアーニャがかわいい!

  • #漫画 #コミック #おすすめ本 #SPYFAMILY
    ボンドが家族になった!
    そしてヨルさん……車……車を蹴ったんだ……よね?
    今回もスリーピースのスーツを着たロイドさんが眼福眼福。

  • アーニャだけでも可愛いのにボンドなんてちょっと(また)ポンコツなキャラが増えちゃって!
    でも誰も気づかぬうちにインクレディブル・ファミリーみたいな感じでスーパーヒーローが集まりつつある笑

  • 西国大臣暗殺計画が発覚しフォージャー家がテロに巻き込まれて作戦に加わっていく。
    その中で新しい家族もできてより一層家族感が出てきましたね〜

    〝戦争はもううんざりだ〟
    〝今日が平和で何よりだ〟

    ロイドや西国情報局の管理官の戦争に対する言葉がとても重くて、過去に何かあったのか気になるところ。

    アーニャとボンドの超能力組のタッグは最強すぎ…アーニャが抜けてるくらいでちょうど良い(笑)

全114件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年茨城県生まれ。2000年、第5回ストーリーキングにて『西部遊戯』で漫画部門準キング受賞、同作が「赤マルジャンプ」2000年SPRINGに掲載され、デビュー。07年、「ジャンプSQ」にて『TISTA』を初連載。10年、「ジャンプSQ」に元々読み切り作だった『月華美刃』を連載。19年、「少年ジャンプ+」で『SPY×FAMILY』を連載開始する。同作は「次にくるマンガ大賞2019」Webマンガ部門や「このマンガがすごい!2020」などで1位を獲得し、大ヒット。22年4月にはテレビアニメ化された。

遠藤達哉の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×