ヴィジランテ 9 ―僕のヒーローアカデミアILLEGALS― (ジャンプコミックス)

  • 集英社
4.09
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 161
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088822402

作品紹介・あらすじ

「ザ・クロウラー」として活動し、数年が過ぎようとしていた。俺もまっとうな社会人になるべく、リアルに就職活動中。面接で忙しい毎日だけど、卒業まで鳴羽田の平和は守らなければ…と気合を入れている中、最近、ポップが何だか俺のことを避けているみたいで…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 猫を見たことで学生時代を思い出した相澤。彼が経験した過酷すぎる事件とは?!さらにヴィジランテとして活動して3年後、コーイチたちの運命も分かれ始める──。

    相澤と白雲がインターン中に出会った大型ヴィラン!白雲の言葉が相澤に届く。
    「いろいろ気がつくから逆に考えすぎるんだよなショータは そんで自分で先回りして『無理』って思い込む けどその気になればなんだってできると思うぜ」

    こんな言葉をさらっと伝えられる親友って素敵すぎる。考えるからこそ、緊急事態に最も合理的な答えを導き出せるのだ。さらには、先生として生徒のことを考えてサポートすることもできる。白雲はこういう言葉を伝え続けてきたんだろうなって感じさせる物語だった。相澤の猛特訓の隣で、何も言わずに寄り添う山田の感情もつらい。そして、相澤が選んだ進路はスタンドアローンのアンダーグラウンドヒーロー!ヒーローとしてヴィジランテをする形というか、ここでテーマが重なるのが熱い。

    そして舞台は移り、コーイチたちがヴィジランテとなって3年後の鳴羽田へ。大学4年の夏。コーイチは進路を選ぶ時期にきていた。モラトリアムは終わり、ポップとの関係性も変わっていく。マコトから投げかけられた問い。ポップの抱える気持ち。そこに容赦なく襲い来るヴィランの影。こう来るかと唸ってしまうラストの引き!最初から名前合わせの設定にしてたのかな?コーイチはポップと向き合わなければならない。たとえ傷つけ合うことになったとしても──。

全1件中 1 - 1件を表示

別天荒人の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×