ハイキュー!! 43 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.45
  • (27)
  • (14)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 375
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088822839

作品紹介・あらすじ

ビーチバレーで修業をするため、卒業後ブラジルへと渡った日向。不安定な“砂"と“風"を攻略し、エイトールと共に競技会を勝ち抜く事が出来るのか!? そして日本で日向を待つ、かつての仲間と強敵達は今――!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  プロ編と見せて、実は過去の伏線フラグを一個一個回収していく展開。
     あのとき彼はこう言った、こう思った。
    有言実行、こうなりたいと思った理想の姿の実現。

     トッププロになったもの、社会人リーグのもの、普通の社会人になったもの、相変わらず「敗者」を敗者と描かず「やり切ったもの」と書くのが上手い。これぞハイキュー!!

    タダノブカツ、されど部活。
    全てが意味がある。
    部活で成功しても挫折しても、ましてや大会自体が中止になったとしても。その後も人生は続く。

    いや、むしろ、終わってからがスタート。

  • はぁぁぁぁぁぁぁっ、すげぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!
    妖怪大戦争、百鬼夜行!
    てか、もうオールスター感謝祭じゃん!!!
    なにこれもうすごすぎる!!
    タナカキヨコって何っ?!どういうこと?!はやくないっ?!てか、勝者はお前かぁぁぁぁぁぁぁっっっっっっ!!!

    いやそこもだけど、もうほんとにね、彼らのその後の道行きがなるほど過ぎてもう!(笑)
    大地さんが警察ってほんとそれだし、菅さんもそうだし、旭もね!
    てか、一人一人あげていたら切りないけど、で、のやっさんは失恋旅路か何かなの?どこ行ったの?!

    そして、忍者ショーヨー、かっこよすぎるでしょ!すごすぎるでしょ!あのブラジルが、まさか己を自分で囮にする訓練もかねていたとは。
    ついに自分で自分を使えるようになってるじゃん!
    あ、囮も相手あってこそか。
    身長172.2って、先に171も見た気がしたけど、普通なら普通に結構ある方なんじゃないかと。そんなちっちゃくないよね?
    でも周りは2メートル前後の壁たち。その中でも飛ぶ。より早く。
    自分を使ってくれるセッターもまた見つけた。
    すべてインターハイや高校時代のあれやこれやが伏線になってて、今の成長がある。
    すごい。

    ラスボスとつけられていたのが飛雄。
    今のところおりこうさんな働きの飛雄。サーブはすごかったけど。
    次の巻はラスボス飛雄が怪物ぶり……というか、もはや怪物というか妖怪大戦争だから化けっぷりを見せてくれるに違いない。

    翔陽が小さい頃憧れで見ていた世界のエースの子供に憧れられてるって、すごい連鎖だな。
    この巻は最高の巻だった。
    主人公がこれほどヒーローになって帰ってくる漫画、すごく気持ちいいし、興奮で震えた。
    読むのがもったいないと何度も同じコマ見返して記憶して。
    たくさんのヒーローたちのその後が描かれて、その中でも、もっともヒーローに見えた。
    忍者ショーヨー!!

  • いやー面白すぎでしょ!この展開!
    笑うし、感極まって泣いてしまうし、ワクワクするし!

    いろいろ特徴のあるメンバーが、次々と。
    前巻では寂しいなぁと思ってたけど、良かったぁ。
    いろいろ出てきてくれてー。

    成長がすごいー。
    日向はあらゆることを全て吸収してきたんだね。

  • 日向が日本へ帰ってきたー!!そして怒涛のVリーグへ。
    烏野の仲間たちや高校時代に戦った面々が次々登場して懐かしかったり、この人がこうなったのか!と驚いたりしながらも、終わりが見えてきたかなと少し寂しくなったりもした。
    研磨がスポンサーだなんてびっくり。そういえば黒尾さんでてこないね。どうしてるのかな?
    個人的には翔陽が木兎と同じチームだなんて感動!!
    そして…そうかー宮侑か…これだけ強豪揃いなら及川さんもここにいてほしかったけど変人揃い踏みな中に宮侑のツッコミが必要なのもわかる…それにいつか翔陽にトスを上げてくれるのが宮侑だという伏線もあったのね…
    ついにきた日向VS影山は胸熱。
    ツッキーがバレー続けてるのも嬉しかった。

  • 来たぞ!の一言に尽きる。お帰りーって声かけたくなるよね。つむつむのツッコミも追いつかない曲者揃いのプロチーム(笑)何故そうなった!な廊下は読者ニヤニヤシーンだと思う。ほんとみんな個性的(笑)3年生ズは後輩や相手チームたちの成長をまじまじと感じてるし。つうか、旭さん、その職業まじで?ってなったよ。田中はあれだ、アオハル貫いたな(笑)

  • もう新章がワクワクすぎて楽しすぎて…!
    本誌で追ってるけど、発売日当日(しかも配信されたらすぐに)に電子で買って読んじゃうよね。

    アドラーズとBJの試合は、ハイキュー‼︎をこれまで読んできた読者にとってはボーナスステージ感がすごい…!

    日向と影山の対決の実現はもちろん熱いし、県予選や春高で戦ってきた他チームメンバーとの数年ごしの共闘も胸熱すぎるし(宮侑と日向の速攻がちゃんと実現するなんて…!!)。
    観客席や会場、離れてても試合を観戦してる元チームメンバーや他校選手たち、関係者みんなのその後が見れるのもなんと嬉しいことか…!
    古舘先生、ありがとう、ありがとう…。

    もう何も気にせずただただ楽しく見守る。

  • 孤爪研磨。
    大学生・株式トレーダー・プロゲーマー・You Tuber。
    代表取締役!

  • 大学生や社会人になったキャラクターが新鮮。
    個人的には黒尾さんの現在が気になります。

  • 面白かった。早く続きが読みたい

  • 前巻で何故にビーチバレーと思ったけど、帰ってきて良かった(^。^)
    翔陽かっこよくなってる〜

全18件中 1 - 10件を表示

古舘春一の作品

ハイキュー!! 43 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする