ワンパンマン 22 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.88
  • (10)
  • (33)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 481
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088822921

作品紹介・あらすじ

童帝は転生フェニックス男に対し、切り札のロボ・ブレイブジャイアントで抗戦。だが敵は童帝の精神に侵入し寝返りを誘う。「お前の力が必要」との言葉に童帝の心は揺れ…。その時、二人の前にある男が現れ!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【あらすじ】
    童帝は転生フェニックス男に対し、切り札のロボ・ブレイブジャイアントで抗戦。だが敵は童帝の精神に侵入し寝返りを誘う。「お前の力が必要」との言葉に童帝の心は揺れ…。その時、二人の前にある男が現れ!?

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • サイタマ子供に優しいな。

  • 童帝くん、天才だけど他と比べると常識があるというかツッコミ役というか大変そうというか。サイタマさんが大人の立場から助けたり見守ったりしてくれて良かったなあと思う。

  • ようやくサイタマ登場。童帝の心の闇に迫る転生フェニックス男。サイタマが絡むことで、童帝が「転ぶ」ことが阻止できた。S級ヒーローには未だ認識されないサイタマだが、ラスボスへの期待を膨らませる巻だった。

  • 童帝vs転生フェニックス男。
    精神世界で心を揺さぶられる童帝。そこに現れたのは我らがサイタマ。
    えーっと、精神世界ってノックすれば入れるの?サイコダイバーかたなしじゃん。やぱ、サイタマさんはかり知れないです。
    閃光のフラッシュを狙っていた二人組もワンパン。おなじみの光景。
    ボロスってやべーやつだったんだなと再確認。

    ゾンビマンvs吸血鬼。
    ザ・泥試合を制したのはゾンビマン。多分、物理攻撃じゃあゾンビマン倒せないんだろうね、焼き尽くすとかの方法でないとダメなんでしょう。とにかくぐちゃぐちゃの戦い。

    アマイマスクの本当の姿がチラリと見えた一戦。ブラストなんじゃないか、と予想してるんだけど、違うのか?

    しっかし、ワガンマはどうしようもないスタイルを崩さないです。ただ、自分と置き換えて見たときに、あの状況で自分の身を優先しない、とは言い切れないのも事実ではあるんだよなぁ。
    その罪悪感を薄くするために、避難路へ向かったあたりで救助者まだいます、って報告しそうなんだよなぁ。よわいよなぁ。

  • こんなおもしろかったっけ!?!?ってなるくらいおもしろかった。ワンパンマンおもしれ~~~めちゃくちゃおもしれ~~~~~。最高。

  • ハゲパンチおもしろかったよ

  • まだまだ続く怪人協会攻略戦。あちこちの局地戦を通して、童帝、ゾンビマン、アマイマスクらの戦いが続々と描かれる…。名前は出るものの、ディテールが不明だったヒーローたちの姿が描かれるのはいいけれど、そろそろ長くなってきたなぁ。アマイマスクってあんなやつだったのね…。久しぶりにサイタマの活躍?が見られるのは嬉しい。彼の、スゴいのに前に出ないという佇まいはかっこいいと思います。本人はやや不本意そうだけど(笑)。

  • バトル展開としてそれなりに面白かった。童帝というキャラクターの深堀りもよかったし、ゾンビマンのかっこよさにもしびれた。ようやくサイタマがでてきたので、なんらか盛り上げてほしい。

  • ゾンビマンの“泥仕合”大変だなぁ〜(^_^)
    泥くさくてカッコいいです♪
    アマイマスクって何者?!

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978年、熊本県生まれ。2002年、「週刊少年ジャンプ」で『アイシールド21』(原作/稲垣理一郎)の作画担当として連載デビュー。その後、『ヘタッピマ漫画研究所R』などを経て、2016年12月現在は「となりのヤングジャンプ」で『ワンパンマン』(原作/ONE)を連載中。

「2016年 『マンガ家 夜食研究所』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村田雄介の作品

ワンパンマン 22 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×