呪術廻戦 11 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.27
  • (102)
  • (73)
  • (35)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 2515
感想 : 46
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088822969

作品紹介・あらすじ

渋谷駅地下ホームに満ちた一般人と改造人間達――。逃げ場のない惨烈な状況下で、五条はなお呪霊側を圧倒する。だが、敵の手には五条封印の決定打が…!! 地下ホームへ急ぐ虎杖の元に、意外な味方が現れるが!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 渋谷事変なんとなく分かるようなわかんないような

  • 五条先生かサイタマかと言った感じなので、
    出張やらなんやらで退場してもらうことが多いわけですな。

  • 術がどんどん難しくなる

  • 五条悟は封印された後も強いのかあと強すぎて笑ってしまった。五条悟が死ねば人間界が終わるという程の格の人間であることがシンプルにすごい。呪術師頑張れ

  • 表紙のナナミンが格好良すぎて倒れそう。ですが、五条さんが封印されてえらいこっちゃ、な巻でした。脳内時間で1分とかずるくないですか?そんなの五条さんが知らないはず無いと思うんだけど・・・と設定に文句言ってはダメですね。タダでは封印されてない、と信じたい。メカ丸が死後にめっちゃいい仕事していて、それが逆に切ない。伊地知さんもピンチだし、猪野さん見せ場出てきたし、冥冥強そうだし、悠仁と伏黒くんの共闘も良い。一気読みでした。

  • 1番最初に0巻を読んだので夏油死んだのになんでいるん、、、?と少し引っかかっていたのですがそういう事だったんですね、、、

  • 2021.4.10 読了

  • そっか本物じゃないのか、
    良かったといえばよかったような

    さいきんあいつ出てこないなあ

  • まだまだ続きます、渋谷事変。夏油さんの正体?が少しだけ明かされ、五条先生が封印されます。ただし、そう簡単にやられないのが五条先生の凄いところです。呪霊達だけでなく呪詛師達も敵となって戦いに加わって、虎杖君や伏黒君達は五条先生を助けようと戦います。

  • 渋谷が舞台で面白いです。夏油はそうだったか…

全46件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1992年2月26日生まれ、岩手県出身。2014年『神代捜査』でデビュー。

芥見下々の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×