呪術廻戦 11 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.19
  • (16)
  • (24)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 382
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088822969

作品紹介・あらすじ

渋谷駅地下ホームに満ちた一般人と改造人間達――。逃げ場のない惨烈な状況下で、五条はなお呪霊側を圧倒する。だが、敵の手には五条封印の決定打が…!! 地下ホームへ急ぐ虎杖の元に、意外な味方が現れるが!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 回を追うごとにおもろい

  • 前の巻の感想で最強でも封印されないんだね!って書いたら今回封印されて、ですよね!ってなったw
    他の人の出番無くなっちゃうもんね。過去編やら色々判明していくので読み返したい。きっと今なら違った視点で読める。

  • "「君は魂は肉体の先に在ると述べたが
    やはり肉体は魂であり 魂は肉体なんだよ
    でなければこの現象にも 入れ替え後の私の脳に肉体の記憶が流れてくるのにも
    説明がつかない」
    「それって一貫してないといけないこと?
    俺と夏油の術式では世界が違うんじゃない?」
    「術式は世界か…フフ…」
    「?」「いいね 素敵だ」[p.54]

    五条先生殺しても死ななさそうなので封印されても五条悟は大丈夫でしょうと思う。それより周りがばたばた死にそうで怖い。
    兎をちゃっかり一匹抱えてるのが可愛い。

  • 五条先生がー!でもまぁ大丈夫でしょう、五条先生だし。ファブル兄さんがいましたね!連載時に読んでたけど気づかなかったよ。話はなんか難しくて雰囲気で読んでます。雰囲気ってどうよ(笑)

  • 対五条の執念、呪術師の反撃開始といった感じで次回も楽しみ!

  • 特盛巻。
    この1分のための過去編だった!とか、当然のように口座確認する冥さんとか、パパ黒再臨とか、戦闘中に兎抱える虎杖とか。じゅじゅさんぽ自粛とか。おまけポストカード裏に野薔薇が居る!とか。

  • 表紙の七海がカッコよすぎ!渋谷事変もエンジンがかかってきたね。最強・五条悟を封印する切り札がかつて殺めた友の姿というのはエグい。と思ったら、もっとエグい真実が明らかになるという…。ただ、あの夏油の肉体が起こした行動は希望になるのかな?いずれそれがこの状況を突破する鍵になるのなら熱い展開になりそう。夏油と呪霊は一枚岩ではなさそうだし、この辺りの勢力図がどう移り変わるかも楽しみ。

    ここでメカ丸が反撃の手がかりになるのも少年マンガ的な展開で好き。死しても簡単には負けないところがいい。それにしても、重大情報の連絡を大声で通すところが虎杖らしい(笑)

    五条悟が消えたところで動き出した呪詛師たち。状況は更なる混沌へ。猪野の相手は同じく降霊術使いだったけど、降ろした相手が悪すぎる。ここにきて最悪の敵が登場か。ここで伏黒が合流して相まみえるという展開になったらドラマとしては盛り上がりそう。
    呪術師と呪霊の総力戦となった渋谷事変。まだまだ長くなりそうだけど、この緊張感のまま駆け抜けてほしいね。

  • 安定の面白さと、表紙のナナミンのカッコよさ。

  • 伊地知さんはなんやかんやで無事なポジションかと思ってたけどサクッとやられて驚いた。生きてる?

全12件中 1 - 10件を表示

芥見下々の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

呪術廻戦 11 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×