ワールドトリガー 22 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.61
  • (37)
  • (14)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 288
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088823195

作品紹介・あらすじ

ランク戦ROUND8、ヒュースはライバルに囲まれ、深刻なダメージを受ける。勝負の鍵は、千佳が人を撃てるかどうかと、対・二宮の戦略にかかる。玉狛第2の近界遠征が懸かったB級ランク戦上位最終戦、決着!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「残念だが、三雲じゃ到底二宮隊の脅威にはならないな」
    「へえ…にのみやさん。つまんないウソつくね」


    異世界からの侵略を受け続ける都市で、それに立ち向かうために組織された「ボーダー」の戦いを描く現代最高のSFバトル漫画。
    その魅力といえばなんと言っても緻密で計算されたチーム戦。一言で言ってしまえば能力バトル物ですが、その能力が規格品なところが素晴らしい。
    つまり、気合で強くなったりするのではなく、誰もが使える能力を組み合わせてどのように戦闘を組み立てていくかというスポーツの要素が大きいバトルなのです。その組み立てが毎回読者を唸らせる完成度でめちゃくちゃ面白い。
    さらにこの漫画のレベルを一段上げているのが、バトル中はアバターを使うので死んでも死なないシステム。緊張感が無くなりそうな設定が、逆に重要キャラクターといえどもあっさり死ぬ、という展開の読めなさをもたらしているのです。

    ということで22巻。最弱だったはずの主人公が最強の敵に認められる展開はやはり熱い。主人公オサムはトリオン量と呼ばれるエネルギーが絶対的に足りない、素質ゼロの状態から始まって、どんなに強くなってもそこが変わらない。技術と訓練と作戦で乗り越えて行くのが本作のもう一つの魅力。

    ヒュースとチカで火力戦になるかと思われた運命の最終戦でこういう展開になるとは。

    解説として華々しく登場したのに、ただの身内応援団になって顔芸してた小南先輩が可愛い回でした。

    前巻
    https://booklog.jp/users/paleblued0t/archives/1/4088821505

  • B級ランク戦第8戦もクライマックスへ!最後が玉狛第2の3人と二宮隊との激突になったのは運命的。まさしく乗り越えるべき壁だった戦い。千佳が引き金を引いた瞬間は鳥肌が立った!誰かに言われるのではなく、彼女自身の決意で撃ったことに大きな意味がある。

    修の切り札もすごかった!王子の「射手としての経験がきみにあれば…」という言葉があったけど、修は自分の経験のなさを知っているからこそ、そこ以外での戦い方を工夫して戦い抜いたというところが素晴らしい。まさにワールドトリガーの魅力が詰まったバトル!

    その下地を作ったヒュースも見事だった。あれだけの人数に囲まれつつ、自分のやるべきことをやって落ちるのがカッコいい。エスクードの使い方が職人すぎる。空閑の曲がるブレード、グラスホッパーも同じく、ギミックの可能性が読み進めるほどに広がっていくことに驚かされる。

    これだけのキャラを動かしつつ、どのキャラにも丁寧に見せ場を作っているのもすごい。帯島のノールック射撃が好き。たしかに彼女はかなり強くなりそう。
    これでランク戦はひと段落。これからの新展開が気になるね。葦原先生、ゆっくりでいいので続きを期待しています!

  • あー、おもしろい。あーーー。おもしろい、おもしろい!!

    ばらまかれてどうなるんだろうと思ってきた色んな問題が、一気に集約されて結論へ。
    いや、単に解決したというわけでもないが。

    ハウンドの仕様とか、こまかいなー。
    すべてに完璧を求める事は出来ないけれど、最後に勝利と呼べるものを掴むことが出来るのは、ほんの少しの何かの差だっていうね。
    持たざるものの持たざると言う性質も特性なのだという、単にパラメータさえ整えれば良いというわけではないし、恵まれてる恵まれてないという話でも無い感じ、ホントいいです。

    那須たいはどうなるかなー?

  • ワールドトリガーが面白すぎる……
    全人類ワールドトリガーを読めっ………………

    単行本おまけという名の爆弾もドッサリでしばらくグェとなってしまう、遊真が好きだからカバー下ほんとあのねぇあれねぇと語彙が死んだ。お好み焼きもあれからも行ってるんだね皆で食べてるんだね、、ウ、、楽しいこと沢山あるよね、、グ、、(深読みして号泣しながら口元を押さえる絵文字)
    とりまるの経緯もエ!!?てなったけど考察班は「出水くんが下の名前で呼んでいることと唯我の確執に引っかかりがある」と当時からQEDしてたらしく舌を巻くな……考察班ほんとにすごいよ……

  • 修も千佳ちゃんも帯島ちゃんもすごい……。
    ワートリは、じわじわと、でも確実に成長していく姿を、丁寧に描いてるなあ。

  • 千佳ちゃん千佳ちゃん千佳ちゃん!!!

    (コミックスのネタバレ)カバーめくったところ(表裏表紙)いつも以上にふつうでとってもおもしろくてよかったです。こなみ先輩ィィィ。あと葦原先生の脳内人格多いな。

  • 普通の漫画だったらヒュース大活躍の回のはずなのに、もうダメだー!って展開にするのが予想外すぎたwでも結局は因縁の対決は果たされてるし、それぞれの成長もあり弱いままの修が弱いまま勝つという熱い展開だったなぁ。まだ一回しか読んでないので細かい部分をちゃんと読む!

  • 玉狛第二のB級2位決定戦の解説までが収録。千佳の成長の描き方が好き。成長は人から言われてできるものじゃない。自分の中から来るものだ。葦原先生は人間ドラマは描くの苦手って言ってたけど、こういうところは作者の人生哲学が顕れるところ。

    表紙、ここからは既出キャラも2回目くるかもってことで予想がどんどん難しくなる。

  • 弓場ちゃん、前髪おりた姿反則じゃない…?

  • いやーもうとにかく展開が最高だった。こんだけのバトル展開を書き切れるのほんとうにすごすぎる。K=どんだけのレベルまで思考を潜れんだと感嘆を禁じえない。ちゃんと決めるとこ決めつつもハラハラさせるのが本当に上図だ。巻末の自己分析もとてもおもしろかった。書いたのは合理的あいつだと思う。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

葦原大介(あしはら だいすけ)
1981年、東京都生まれの漫画家。岡山県育ち。高校卒業後はアルバイトをしていたが、第75回手塚賞で『ROOM303』が準入選し、2008年『週刊少年ジャンプ』掲載、漫画家デビュー。2009年『賢い犬リリエンタール』で初連載。
代表作に2013年から『週刊少年ジャンプ』で連載開始した『ワールドトリガー』。2014年、アニメ化された。度々の休載を挟んでいるが、2018年、『ジャンプSQ』での連載再開が告知された。

葦原大介の作品

ワールドトリガー 22 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする