呪術廻戦 13 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.20
  • (85)
  • (64)
  • (39)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 2153
感想 : 38
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088824291

作品紹介・あらすじ

恐るべき呪霊へと変貌を遂げた陀艮…! その際限なき呪力の奔流が、直毘人・真希・七海へと襲い掛かる!! 一方、夏油を慕う呪詛師の一派は夏油の肉体を取り戻す為、最も忌むべき者を呼び起こそうとするが――!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 伏黒父大暴れ!特級陀艮をサクッと払う。
    宿儺vs漏瑚。やっぱり宿儺強いのね(・ω・`)

  • "「俺に一撃でも入れられたら呪霊<オマエら>の下についてやる
    手始めに 渋谷の人間を皆殺しにしてやろう 一人を除いてな」
    「……二言はないな」"[p.131]

    容赦無く人が死ぬ……。
    カバー下の五条先生がザ・不審者という感じで笑っちゃった。

  • 絵がきれいだし、ストーリーも秀逸!
    今後が楽しみ❗️

  • 呪術廻戦13(ジャンプコミック)
    著作者:芥見下々
    発行者:集英社
    タイムライン
    http://booklog.jp/timeline/users/collabo39698

  • まだジャンプでも渋谷事変は終わってないのですが、パパ黒が躍動するこの巻が渋谷事変で一番好きになりそうです。綺麗に退場しちゃうのが本当にズルいですね。境遇次第では好きになれない方もいるかもしれませんが、私は本当にパパ黒が好きです。ジャンプで読んでいた時は登場シーンのインパクトに応えるほどの活躍はしてないかなと肩透かし感もあったのですが、時間が経ったからなのか今後の展開を知っているからなのか単行本で読むと満足感が高かったです。そんなまるでパパ黒オンリーの巻のようですが、話も凄く進みネームドキャラが次々と退場させられたり新たな謎が登場したりと今まで以上に中身の濃いものになっていました。ネームドキャラがアッサリ退場させられるのは好き嫌い激しそうですね…。パパ黒があのキャラとの対決を選んだ理由が明らかになる日は来るのでしょうか?直前の描写をそのまま受け取ると彼が1番の強者だということなのでしょうが、読者目線で見ても設定的にもそんなわけないと思うんですよね…。スクナと同じ判断基準を持ってるとも思えませんし…。いつもの単行本で明かされる設定は今回も興味深いものでした。御三家を今後さらに踏み込んで描くと読めましたが、今の展開からどうやってそこに持っていくのでしょう?まあ真希さんがこのままではないと思うので、良い感じにパワーアップイベント兼ねて御三家の紹介があるのですかね?今後も楽しみです。

  • アニメを観て「この先どうなるんだろ?」「あいつをやっつけるところを観たい」と思っているところで単行本を16巻まで借りることができた。
    アニメの続きは8巻くらいから。ちょうどその辺りから話が分からなくなってくる。特に様々な技に理屈をつけているが、それが全然理解できない。多分エバンゲリオンのころから「難解=おもしろい」という風潮があるようだが、個人的にはついて行けない。宮崎作品のように単刀直入に心に入ってくる作品が好みだ。
    さらに同漫画が残念だったのは、絵が雑過ぎること。戦闘シーンなどは誰がどうなったのか読み取れないくらいひどい。パッと見て理解できるのが漫画のいいところではないのか?
    巻を重ねるごとに絵が雑になるので、作者は絵が下手ではなく、手を抜いていると感じる。プロがそれでいいのか?
    そんなわけで13巻が限界だった。後は絵が丁寧なアニメで楽しむことにする。

  • 渋谷事変。

  • 見方の戦闘不能多いなぁ。
    家入さんいるから大丈夫なんだろうか。

  • もうずっとえ?え?って感じ

  • パンダ見てようやく和んだ。

全38件中 1 - 10件を表示

芥見下々の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

呪術廻戦 13 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×