怪獣8号 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2020年12月4日発売)
4.21
  • (179)
  • (144)
  • (64)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 3079
感想 : 107
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088825250

作品紹介・あらすじ

怪獣発生率が世界屈指の日本。この国は、容赦なく怪獣が日常を侵していた。かつて防衛隊員を目指していたが、今は怪獣専門清掃業で働く日比野カフカ。ある日カフカは、謎の生物によって、身体が怪獣化、怪獣討伐を担う日本防衛隊からコードネーム「怪獣8号」と呼ばれる存在になる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いろいろなところで話題になっている漫画が図書館にあったので、お試しの気分で1巻だけ借りて読んでみた。32歳の主人公・日比野カフカ、名前からやっぱり"変身"するよね…。面白そうなので、続きも借りて来ようっと。

  • 鬼滅、呪術廻戦に続く『怪獣8号』…「働く大人」にこそ読んでほしいワケ(成馬 零一) | 現代ビジネス | 講談社
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/80018

    [第1話]怪獣8号 - 松本直也 | 少年ジャンプ+
    https://shonenjumpplus.com/episode/13933686331674116123

    『怪獣8号』コミックス一覧|少年ジャンプ公式サイト
    https://www.shonenjump.com/j/rensai/list/kaiju8.html

    怪獣8号 1/松本 直也 | 集英社の本 公式
    https://books.shueisha.co.jp/items/contents.html?isbn=978-4-08-882525-0

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      フランス国立図書館(BnF)、マンガに関するワークショップや展示を開催:同館建物外側にマンガ『怪獣8号』巨大展示も | カレントアウェアネス...
      フランス国立図書館(BnF)、マンガに関するワークショップや展示を開催:同館建物外側にマンガ『怪獣8号』巨大展示も | カレントアウェアネス・ポータル
      https://current.ndl.go.jp/node/44973
      2021/10/18
  • お友達が好きだから読んだ作品。自分が思っていたよりもコメディだった。シリアスとのバランスもちょうど良くて、続きも気になる。新人たちの成長も、圧倒的に強い隊長副隊長もいい。

  • 息子に勧められて読み始めました。人として。なにか大切なものが見えてきそうな漫画です。早く次を読みたい!と思えます。

  • 絵柄も良いし、怪獣を倒すはずが何故か怪獣になってしまった男の物語。
    ギャグとシリアスのバランスも良いし、面白い。
    少年ではなくてオッサンなのがまた良い。
    カフカの動機もしっかりしているし、怪獣というものの謎も多くこの先も楽しみ。
    応援してます。

  • 怪獣討伐隊に入りたかったのに、怪獣になっちゃった(名前がカフカだけに…)男の物語、開幕。考えてみたらウルトラマンと同じ流れなのに、力を借りる相手が真逆だとこうも展開が変わっちゃうのね

  • 一巻見た時はグロそう(サムネ的なやつ)と思ったけど面白しろかったです

  • 【あらすじ】
    怪獣発生率が世界屈指の日本。この国は、容赦なく怪獣が日常を侵していた。かつて防衛隊員を目指していたが、今は怪獣専門清掃業で働く日比野カフカ。ある日カフカは、謎の生物によって、身体が怪獣化、怪獣討伐を担う日本防衛隊からコードネーム「怪獣8号」と呼ばれる存在になる。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 面白い。これは、来る。
    すでに漫画読みの間では話題にはなってるけど、まだ知らない人は多いと思うけど、間違いなくこれは来る。ヒット作品になる。
    どこか「地震」と被る設定で「怪獣」が出る世界観が説明されてて分かりやすいし、ちょいちょい入る「ギャグ」「笑わせ」部分がテンポ良くて気持ちいいし、ヒーローモノ要素も高いし、絵のバランスが上手いからだと思うけどもポーズがカッコよくて目を奪われるし、キャラも分かりやすいのにオリジナリティがあってそれぞれにファンがつくことが容易に想像できて、なんていうか、これでもか!と、面白い漫画の全てが詰まってるカンジ。
    なんだよ、まだ2巻目までしか出てないのかよと残念に思いつつ、今からイッキ読みで2巻目読みます。

  • アニメ化が叫ばれてるけど特撮でも面白いかも知れない。力のある作品だと思う。面白かった

全107件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2005年、第22回ジャンプ十二傑新人漫画賞に『SPIRITUAL PEOPLE』で最終候補となる。 同年、第27回十二傑新人漫画賞に、『ネコロマンサー』で十二傑賞受賞。2006年、『赤マルジャンプ』に同作が掲載されデビュー。『週刊少年ジャンプ』2009年27号に、JG1読切祭参加作として『ねこわっぱ!』を掲載し、『週刊少年ジャンプ』2009年50号より2010年11号まで連載。2013年、『少年ジャンプNEXT!』2013 AUTUMNに、『ポチクロ』を掲載。『少年ジャンプ+』2014年より2015年まで連載。2020年、『少年ジャンプ+』で『怪獣8号』を連載開始した。

松本直也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×