チェンソーマン 11 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.40
  • (114)
  • (66)
  • (16)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 1609
感想 : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088825762

作品紹介・あらすじ

残酷で無慈悲なマキマの支配が、デンジを追い詰める!! 大切なものを奪い尽くされ、糞詰まっていく心――そんなデンジの耳に響く“チェンソーマン"を呼ぶ声…!! かくしてデンジとマキマは血みどろの荒野で殺し合い、交わることなき“想い"の果て、衝撃の結末が炸裂する!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「でっけぇコウモリから守ってくれたんだ!」おじさんは、以前車と一緒に投げられた男性である。

  • パワー最高やないか!

  • 第1部公安編完結。
    デンジ君がいい男に成長します!
    マキマさんを倒して、何が残る?
    主要な人物、ほとんど死んでしまった。
    アニメ化の話もあるし、第2部はいつかな。
    楽しみです。
    パワーちゃんの復活を待ち望みます。

  • なんか読んでる時はここはどういう意味があって、何のメタファーなんだろう?とか思って、一度考察読まなきゃと思うんだけど、最後まで読むと「ああ面白かった」と納得してしまうんだよなあ。面白かったので良いと思います。私本当に「デンジの好きなマキマさん」が好きだった。

  • 今日ご飯食べ終わったあとに読んでしまったので、明日の夜ご飯はぜったい生姜焼きにしようと思いました。

  • 藤本タツキの作品はこの物語を追いかけてきてよかったと思える決着を見せてくれる。これからも期待しています。

  • パワーちゃんかわいいね はやく見つけてパワーちゃんにしてくれ
    というわけで第二部を待ちます

  • ラストも意外な終わり方。
    第2部があるってことかな。

  • うーん、いい終わりだった!完結かと思って一気読みしたけど、1部ね…。戻ってこない人達のこととか、マキマの支配が解けた人とか考えると…!
    元々ポチタがマキマを好きだったのかな…ポチタになるとすごく落ち着いてるのに、悪魔の時はなんであんな狂暴なんだろ…本能に負けるのかな。
    デンジとコベニ、デンジとパワーとのやり取りが凄くよかった!コベニが踊ってる間に一戦終わったのか。そんなときにパーフェクトとっちゃうコベニ…生き残ると思ってたよ。
    デンジがおかしいとこもあるけど人間らしく考えてて感慨深い!マキマが全くデンジを見てなかったって語る姿が感極まる。肉とかその他に処理した過程もすごそうだな…。岸辺もすごいな…。支配は消えなかったか…あくまでデンジが食べたってことか。

  • 傑作

全62件中 1 - 10件を表示

藤本タツキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×