Dr.STONE 20 (ジャンプコミックス)

  • 集英社
4.09
  • (27)
  • (23)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 929
感想 : 11
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088825984

作品紹介・あらすじ

千空とDr.ゼノ、“石の世界(ストーンワールド)"最高の科学者2人が人類石化の発生源特定へ奇跡の共闘!! 南米の海・陸を猛追する、スタンリーの魔の手をかわし、“始まり"の秘密に迫れ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【あらすじ】
    千空とDr.ゼノ、“石の世界(ストーンワールド)"最高の科学者2人が人類石化の発生源特定へ奇跡の共闘!! 南米の海・陸を猛追する、スタンリーの魔の手をかわし、“始まり"の秘密に迫れ!!

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 千空の顔が良すぎてたまに話が入ってこなくなる。
    司ちゃんも氷月も、もうなんか多少撃たれたくらいじゃどうってことないのね。笑
    ゼノは何を伝えたのだろう。

  • Z=170~Z=178

    シャボン玉のシーン、笑ってしもた。

    で、今回はタイヤ作ってバイク作って…。
    といういつもの科学の話に面白さを感じつつ読みましたが、そういえば今って、空母に追われていたんだっけ。
    しかも行先は銀狼が松風を助けるためにばらしちゃったからヤバイ

  • ゼノと千空が組むととてつもないな 笑
    会話のレベルが高すぎる。

  • だいぶ前に読んでメモしてあった感想を放出。
    時事に絡む内容は古いかも。

    漫画喫茶で読みました。

    スタンリーとの追いかけっこから人間グーグルアース・チェルシーの合流、ゴムゲットからのバイクを作ってエクアドルから石化の爆心地へ。
    ラボカーとの別れもある。

    砂煙の中、ゼノの瞬きによるモールス信号を読み取るとかできるのだろうか?

    親バイクの重量まで均一化してたけど、そもそも馬力は同じなんだろうか?

    メデューサのシステムが少しだけ解明されたけど・・・。
    ダイヤモンドって半導体にはなったような気がするけど、どういう仕組みで電池にしてるんだろう?
    それとも電気的な機械じゃないのだろうか?
    あと、天然ダイヤは不純物や欠損が多くて精密機械には使いづらいだろうから、アレは人工ダイヤなんだろうな。

  • いつのまにかゼノと分かり合っている。
    科学はすべての溝を埋めてくれる。

    ゴムってもう手に入れていると思っていた…

  • 追手から逃げつつ南米へ!
    ゼノと千空の科学コラボ!
    地理学者チェルシーとの邂逅!
    石化マシーンの分解!

  • 最新刊。サクサク進むよお話が。
    それにしても怪我した子とか大丈夫なのかなぁ?センクウもそういえば貫通したとは言え、銃で撃たれた後だし。
    ま、そういうお話じゃないんだろうけど。
    科学者二人…いや、3人の会話は楽しそう。同士の会話って楽しいものねぇ。

  • Bicycle!!

  • 最強の狙撃手・スタンリーが指揮をする特殊部隊と空母から逃げつつ南米へ向かえ!捕まれば死という緊張感!そんな中、ゼノと千空が科学者として石化の謎へと迫る。二人が揃ったからこそ掴んだ鍵。信念は違えど、科学だけは裏切らない二人の共闘は唆る!

    石化光線の謎や解析が着実に進んでいってワクワクが止まらない。目的地にはいったい何が存在しているのか。それを今の人類の切り札として使えれば強いんだけどね。科学で人類を導こうとするゼノと最強の戦闘力を誇るスタンリー。二人との第二ラウンドは避けようがないのかな。このまま敵対関係が続くとなると、人類の歴史を繰り返しているようで切なくなる。このエピソードにどう決着をつけるのか気になるね。

    チェルシーとジョエルという新しい仲間たちも心強い。南米と北米、それぞれの物語の要になりそうなキャラたち。それにしても、チェルシーはよく生き延びたよね。彼女と再会してなかったら詰んでたかも。20巻目となっても物語の中に自然とクラフトを落とし込んでいるのもすごい。ラストもそれ作ろうとしちゃうの?!って声をあげちゃうよね。次巻でいよいよ謎の核心に迫りそうで続きが気になる!

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Boichi (ぼういち、本名:朴 武直 パク・ムジク、박무직)
1973年、大韓民国ソウル特別市出身の漫画家。漫画に活かすため大学では物理学を専攻し、演出技術を学ぶため秋溪芸術大学校大学院に進学した。1993年に韓国でデビューし、2004年に日本の漫画界でデビュー。主に少年漫画や青年漫画で活動している。代表作に『サンケンロック』『ORIGIN』『Dr.STONE』がある。

Boichiの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×