チェンソーマン 17 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.73
  • (10)
  • (14)
  • (12)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 515
感想 : 15
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088840352

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 公安により制圧されていくチェンソーマン教会施設。アサに対しても吉田が刺客として送り込まれることに。バルエムの計画は失敗したかに見えたが、超超最強の悪魔を迎え撃つ手立てはすでに済んでいた?!恐怖と混乱という火に飲まれた群衆は、デンジたちを取り囲む!

    ついに明らかになった正義の悪魔の正体!そいつはもう、死んでいる!それなのに正義の悪魔の力を行使したチェンソーマン協会の信者は、いったい何と契約したのか?!というか、名称診断士ってどうやって悪魔の名前を確定するんだろう。そういう悪魔と契約しているのかな?それはともかく、状況はひたすら悪化するのみ!信者を騙して別の悪魔と契約させ、その結果として信者は暴走!クーリング・オフできないまさに悪魔の契約は、社会を地獄へと変える。バルエムほんとやなやつだなあって思う。まあ、悪魔だからね…。

    部屋に誰かが訪ねてくるシーンって、このマンガだとロクなことがない(笑) 吉田の急襲!迎え撃つアサは自分の部屋「606号室」を武器に変える!吉田やっぱり強いな?!そして、606号室剣のデザインがカッコよすぎる!戦争の悪魔の力が増してきているのは計画通りなんだろうけど、デンジとチェンソーマンにとっては吉と出るか凶と出るか。

    群衆に襲われるデンジたちを助けるクァンシ。この人だけ戦闘力の桁が違うんですが(笑) バッサバッサ斬るんじゃなく、スッと通り過ぎたらバラバラになってましたってレベルなんだよね。クァンシのおかげで脱出するも、行く先はさらなる地獄でしかなかった。これ家族も殺してたらバルエム最低だわ。ポチタの呼びかけも不穏。

    最低の状況下でスターターを引くデンジ!ナユタをかばいつつも、チェンソーマンになりたいという願いが叶った最高の瞬間という狂気が凄まじい。デンジは普通であることを望んだのに、得られた普通は不自由と公安の支配の中にあった。今や自由にスターターを引いたとしても、人々からは恐れられる対象でしかない。チェンソーマンになりたいというシンプルな願いが、ここまでこじれてきてしまってどうなるのだろうか。

    最後に、話的には盛り上がっているだけに、作画が本当に残念すぎる。どうしてこんな平面的で迫力がない絵になってしまったのだろう。物語でも絵でもフラストレーションが溜まるのはよくない。606号室のシーンは良かったけど、クァンシのシーンやウェポンズとの血みどろバトルのあたりはもう少し何とかならなかったのかな。時間がかかってもいいので、よろしくお願いします!

  • 53冊目『チェンソーマン 17』(藤本タツキ 著、2024年4月、集英社)
    暗躍するキガちゃんの目的が発覚するなど、物語の輪郭がようやくはっきりしてきた。
    アクションシーンは多いが、絵から迫力が感じられない。第一部の頃はもっとワクワクが詰まっていたのに。著者の筆が乗っていないのが伝わってくる。もう別の漫画を描いた方が良いのでは?

    〈キスして 痛い思い しなかったの アサだけ だよ…〉

  • 第17巻。第2部開始からは6巻目で、(もしボリュームが第1部と変わらないなら)物語の半分くらいを過ぎたかというところ。
    話は動き続け、絵的にも派手なシーンがあり楽しいものの、まだまだどのキャラクターも本性を出さず大人しい印象。
    第1部は7、8巻目辺りからの怒涛の展開が凄まじかったので、今回も油断せずに続刊を待ちたい。

  • 単行本派だから4ヶ月に一回読んでるけども毎度全体的にどんな話だっけってなるし何がしたいのかよくわからない

  • 私が30代なので、90年代の空気感が懐かしかったです。デビルマンがここまでリメイクされたのは感慨深かったです。間違いました。そういえば、これはチェンソーマンでした。

  • 絵が荒れてきているがまだ引っ張ってゆく力はある… どうなるのかなあ

  • なんか話がややこしいな。

  • デンジのデンジらしさが出てきて来てよい。
    マキマさんの計画ってそんなんなってたんや。

  • #読了 #チェンソーマン #漫画好き #漫画好きな人と繋がりたい

  • デンジに幸せになって欲しいです。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1992年秋田県出身。秋田県立仁賀保高等学校情報メディア科CGデザインコース卒、東北芸術工科大学美術科洋画コース卒業。2016年から18年にかけ「少年ジャンプ+」で『ファイアパンチ』を連載。その後、「週刊少年ジャンプ」で『チェンソーマン』の連載を開始し、20年に第66回「小学館漫画賞」少年向け部門を受賞。翌年には、同作品でハーベイ賞BestManga部門を受賞した。22年にアニメ化された。

藤本タツキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×